最高に下世話でバカ!グラドルがラウンドごとに服を脱ぐ! DDT男性限定興行「野郎Z」、狂乱の盛り上がりに

(メイン後には吉野さんが水着姿でポージング。レスラー、観客とも大興奮の中で大会を締めてくれた)


DDTの名物企画、女性客限定興行「BOYZ」と対をなす男性客限定興行「野郎Z」が、2月6日に新木場1st RINGで開催された。


大会のムードを端的に表現するなら「下世話」かつ「バカ」。オープニングでは「夕やけ」「ニャンニャン!」、「鶴ちゃんの」「プッツン5!」と、プヲタ男性の年齢層がよく分かるコール&レスポンスが恒例に。


試合はプヲタ男性の敵と言ってもいいイケメンレスラー「BOYZ軍」と「野郎Z」軍の対抗戦が中心。この日限定で野郎Z軍入りした吉村直巳&定アキラは彰人&下村大樹と対戦するも、定がエロ本(DVDつき)につられて試合に集中できないというベタかつプロレスとしては斬新な展開に。試合中にもかかわらずバックステージに消えた定は、数分後にティッシュ片手にスッキリした表情でリングに戻ると、賢者のごとき強さを発揮。最後は吉村が下村を仕留めた。


マット界屈指のコワモテ、佐藤耕平と平田一喜のキックボクシングマッチでは、ラウンドガールを務めるグラビアアイドル・吉野七宝実さんがラウンドが進むごとに服を一枚ずつ脱ぎ、水着になっていくという展開。しかし佐藤と平田では実力差がありすぎるため、セコンドがありとあらゆる手段を駆使して松井レフェリーのダウンカウントを阻止。松井レフェリーもカウント中にリングサイドの友人と話し込むなど試合を引き延ばしにかかる。


それでも佐藤が勝利すると、吉野さんがBOYZ軍の大石真翔、渡瀬瑞基にさらわれるという(これも恒例の)事態に。メインイベントでは大家健&樋口和貞&伊橋剛太が大石&渡瀬&XのBOYZ軍と、吉野さん奪還をかけ対戦することとなった。

圧倒的大歓声を受け、メインで勝利した野郎Z軍(左から樋口、大家、伊橋)


BOYZ軍が用意したXは、なんとKO-D無差別級王者の竹下幸之介。いつもとは違うヒールファイトを展開する竹下に、通常では考えられない大ブーイングが飛ぶ。とにかく吉野さんの水着姿が見たい選手&観客全員の大声援を受け、樋口がチョークスラム、伊橋が親友・飯伏幸太の得意技であるカミゴェ、そして大家が炎のスピアを大石に決めて勝利。


吉野さんを解放した野郎Z軍だったが、打ち上げへの誘いは吉野さんのマネージャーからNGが。さらに大会に出場した女子選手たちにも次々に断られてションボリする野郎ども。しかし最後は吉野さんがラウンドガールとしての約束を果たし、水着姿に。リング上にひしめくレスラーたちがここぞとばかり写真を撮りまくる中、大会は凄まじい盛り上がりで終了。とても女性ファンには見せられない、というより昭和のお色気ギャグマンガのような宴は、今回も大成功となった。


なお、試合前の物販コーナーでは選手とグッズ購入者のサイン&ハグ会(男同士)、試合後には選手とのグループショット撮影会(全員男)も行なわれている。


文・橋本宗洋

続きを見る