身近に感じられる王者・浅倉カンナ、RENA戦は「メチャメチャ怖かった」

RIZINのオフィシャルチャンネル「RIZIN CONFESSIONS」(YouTube)が配信された。番組では2017年12月29日、31日に開催された『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 2nd ROUND/Final ROUND』について選手自身が振り返り、その本音に迫っている。


浅倉は、RENAの入場について「足も止まっちゃうだろうし、集中も切れちゃうだろうし、絶対見ないようにして待ってました」と語り、試合についても「RENAさんメチャメチャ怖かったです。打撃のプレッシャー」と振り返る。しかし、インタビュアーから「やりたいことは決まってますよね」と指摘されるほど、浅倉はタックル1本に勝負を絞っており「『絶対倒す』と思ってました」という自信と決意があったことを明かした。


テイクダウンの後については、イメージ通りにキープをしてサイドポジションからバックをとった浅倉。「あ、バックとれた」と思ったという浅倉は「これやったことある」と練習で培ったイメージのまま、フィニッシュまで試合を進めていた。


チョークスリーパーが「入った」とは思っていたが、RENAの失神の瞬間は認識していなかったという浅倉。試合後にRENAのもとに駆け寄ったそうだが、何か言われたか? というスタッフの質問には「『ありがとう』みたいな感じだったと思います」と記憶を辿っていた。


優勝の瞬間には家族はもちろん、KINGレイナや那須川天心といった選手たちの涙をも誘った浅倉。努力の積み重ねによってベルトを掴んだ努力家は、「自分は本当にできない子だったんで、でもずっと続けてれば、どんどんどんどん強くなれるし、結果も出るんだっていうのをみんなに伝えられるような『身近に感じられるチャンピオン』みたいな、そういう選手になりたいです」と、彼女らしい目標を語った。

続きを見る