RENA、リベンジマッチに燃える「必ずやり返す」「最終的に一番になるのは私」

RIZINのオフィシャルチャンネル「RIZIN CONFESSIONS #4」(YouTube)が配信された。番組では2017年12月29日、31日に開催された『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 2nd ROUND/Final ROUND』について選手自身が振り返り、その本音に迫っている。


RENAはトーナメント決勝前、対戦相手の浅倉カンナについて聞かれると「盛り上がるからいいんじゃないですかね」と余裕を見せたが「まあまあ……力も付いてるし、厄介ですけど」と、浅倉の実力は十分に認めていた。


その懸念が現実となり、試合はRENAが1R失神KOされるという衝撃的な結末に。しかし試合後、RENAは「(敗戦が)ひさしぶりすぎて、みんなが腫れものを触るみたいに扱ってくるので……ぜんぜん大丈夫なんで、普通に接していただけるとありがたいです」と笑顔で会見に応じていた。


初めての失神体験に「絶対に負けたくなかったんで、そこ(タップアウト)だけは譲れなかった」と語るRENA。「MMAの厳しさというか、難しさというのを学んだ試合だったなと思います」と振り返りつつ、「今まで6年間が上手いこといきすぎてたんですよ」「私の人生は本当にそんな上手いこといかない」と少し自虐気味な言葉を漏らしたが、直後には「でも、うん、ここからまた強くなれるから」「必ずやり返す」と前を向いた。そして、「最終的に一番になるのは私」と笑顔の復活宣言も。


試合後、RENAに何か言われたか? と問われた浅倉は「『リベンジするからな』って、笑いながらですけど」と明かし、「リベンジマッチはやらざるを得ない?」という質問には「やりますよね多分……本当はやりたくないですよ! もうやったのにって感じですよ」とぶっちゃけたが、RENAについては「ちょっと怖いですね。いやでも『さすが姉さん』て感じですね」と笑顔を見せた。

続きを見る