“筋肉アイドル”才木玲佳、プロレスは「距離を置いていた彼氏」 新コスチュームで復帰&パワー殺法炸裂

(伊藤に豪快なタワーブリッジを決めた才木) 

写真:(C)DDTプロレスリング


2月18日、新木場1st RINGで開催された東京女子プロレスの興行に、“筋肉アイドル”才木玲佳が出場した。


才木は1月4日の後楽園ホール大会でTOKYOプリンセス・オブ・プリンセス王座を奪われ、その後1ヶ月半、試合から遠ざかっていた。復帰戦となる今回は坂崎ユカと元王者コンビを結成し、セミファイナルに登場。対戦相手はやはりアイドルである伊藤麻希と瑞希の「伊藤リスペクト軍団」だ。


リングインした才木は新しいコスチュームに身を包み、ダンスも披露。華やかさを増したイメージだが、試合になると一変する。

才木の武器は蹴り技と、トレーニングで鍛え上げた筋肉がもたらすパワー。身長は150cmと小さいが、それだけに対戦相手をタワーブリッジ(アルゼンチン・バックブリーカー)で軽々と担ぎ上げる姿は圧巻だ。

この復帰戦でも、パワー殺法を全開にした才木。いつもながら気合いが入りまくった伊藤の頭突きを食らう場面もあったが、見事なタワーブリッジを決める。ミサイルキックも高さがあり、さらに瑞希には武藤敬司公認のシャイニング・ウィザードをエグい角度で見待っていった。伊藤、瑞希をまとめてブレーンバスターで放り投げ、さらにダブルのラリアットを打ち込む場面も。

フィニッシュは、伊藤のDDTを力で踏ん張ってディフェンスし、そこから持ち上げてのジャックハマー。坂崎が空中殺法で好アシストしたこともあり、持ち味を存分に出しての勝利となった。

(坂崎も魔法少女スプラッシュで才木のフィニッシュをアシスト。好連携を見せた)

写真:(C)DDTプロレスリング


1ヶ月半ぶりの試合を終えた才木は「楽しかった!」と充実した表情。センター試験などもあって多忙だった欠場期間も「頭のどこかにプロレスがあった」という。プロレスを「距離を置いていた彼氏」にたとえた才木は「やっぱり私は彼(プロレス)のことが好きなんだなって思いました」とも語っていた。


伊藤とはアイドル対決であり、過去にはシングルマッチも行なったことがあるのだが、現在は2人とも「アイドルだから」というエクスキューズがまったく必要ないほどレスラーとしての力と個性が確立されている。


今回で14大会連続超満員、今年は後楽園大会を年3回開催と、団体として急激に成長している東京女子プロレス。才木のカムバックで、さらに勢いづくことになるはずだ。


文・橋本宗洋

続きを見る