ストラッサー起一、天国に旅立った愛猫にささげた涙の勝利

RIZINのオフィシャルチャンネル「RIZIN CONFESSIONS」(YouTube)が配信された。番組では2017年12月29日、31日に開催された『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 2nd ROUND/Final ROUND』について選手自身が振り返り、その本音に迫っている。


試合直前に意気込みを聞かれると「特にない。観ろ、試合を」と殺気を放ちながらリングに向かう北岡悟。一方、対戦相手のストラッサー起一はリラックスしつつも「今日はバッチリやったります」と気力は充実していた。


「自分がUFC行く前後に、SNSで色々と書かれていたことがあって」と、北岡との因縁を明かす起一。対する北岡は、起一について「UFCにぶら下がってただけでしょ?」と切り捨て、試合前から2人の間では火花が散っていた。


試合は、終始打撃で圧倒した起一の判定勝ち。すると起一は試合後リング上で、2週間前に天国に旅立った、元野良猫で4か月生活を共にしたという“チクワ”の存在を明かす。観客への感謝を述べる中「チクワありがとう!」と慟哭すると、会場からは万雷の拍手が起きていた。


一方で試合に敗れた北岡は「これが僕の力です。それで力が及ばなかったとしか言えない」と肩を落としたが「現実を受け止めて……とりあえず『明日』はまだあるようなので、また『明日から生きてく』という感じじゃないでしょうか」と、再起を誓っていた。

続きを見る