那須川天心に挑戦状「総合格闘技の厳しさを教える」 アウトサイダー出身・朝倉海、強さを証明する

RIZINのオフィシャルチャンネル「RIZIN CONFESSIONS」(YouTube)が配信された。番組では2017年12月29日、31日に開催された『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 2nd ROUND/Final ROUND』について選手自身が振り返り、その本音に迫っている。


試合当日、朝倉海は「今日は俺が主役なんで思いっきり、いちばん会場が盛り上がる試合します」と自信たっぷりに語る。一方、対戦相手の才賀紀左衛門も、試合前日に妻のあびる優から激励の手紙をもらったそうで「ほっとする、気持ちが」とリラックスした様子だった。


RIZIN初参戦の朝倉は「ちょっと盛り上げようとし過ぎたかもしれない」と試合を振り返る。「絶対勝てるな」「(パンチが)見えてないだろうな」と早くも勝負が見えていたが、そこで“勝ちの形”にこだわり「なんか派手にいこうとして、踏みつけとサッカーボールキックはかなり狙ってましたね」と明かした。終盤の猛攻について「もう止めて欲しかったなと思ったんですけど、止めてくれなかったんで最後、膝蹴り入れたんですけど」と語った。


「THE OUTSIDER(出身)としての責任みたいのはあったんで、しっかり勝てて良かったかなっていうのはあります」と話す朝倉は、今後戦いたい相手として那須川天心を指名。その理由も「MMAの厳しさみたいのを、俺がここで1発教えてあげようかな」と語った。


5月6日(日)にマリンメッセ福岡で開催する「RIZIN.10」では、マネル・ケイプとの対戦が決まった朝倉。記者会見での殴り合いも辞さないヤバすぎる相手だが、朝倉は「いやあ、最高の相手きましたね」と不敵な笑みを浮かべつつ「“殴り合いをする”っていうよりは“殺し合い”をするつもりで行くんで、今回は」と意気込む。さらに「軽量どうなるか、どうなっても知らないですよ本当に」と不穏な一言を残した。

続きを見る