『豆腐プロレス』衝撃結末!JURINA、地元凱旋勝利ならず 須田「私だって愛知県出身なんだよ」

AKB48グループのメンバーがプロレスラーを演じるドラマ『豆腐プロレス』のリアル版イベント『豆腐プロレス The REAL 2018 WIP QUEENDOM』、その第2回が、2月23日に愛知県体育館で開催された。

(メインで勝利、不敵な表情を浮かべた須田(右)と白間)


形式としては、完全にプロレスの興行。しかし48グループのイベントの1でもある。メンバーたちはしっかり練習を積んでリングに上がるが、といって本職のプロレスラーではない。“アイドルがプロレスラーの役を演じるイベント”なのだが、しかしやっていることは試合だ。


そんな微妙で複雑な構造も『豆腐プロレス』リアルイベントの面白さだと言っていい。もともとプロレスも“正体不明のマスクマン”をはじめフィクション性、ファンタジー性が強いジャンル。“普通のスポーツとは違う、けど面白い”のがプロレスなら“普通のプロレスとは違う、けど面白い”のが『豆腐プロレス』リアルイベントではないか。


もちろん技や試合運びなど、アラを探せばきりがないのだが、ライブ等で鍛えた表現力は一級品である。単に“レスラー役”というだけでなく、リングネームやレスラーとしてのキャラクターにメンバーの個性が反映されているのも大きい。メインに登場したオクトパス須田もすべて虚構のキャラクターではなく、そこには須田亜香里というベースがあり、ファンもそのように見ている。


このメインイベントでは絶対的エースであるハリウッドJURINA(松井珠理奈)がシャーク込山(込山榛香)と組み、オクトパス須田&道頓堀白間(白間美瑠)と対戦した。昨年8月の後楽園大会、JURINAはメインで勝利後に須田に襲撃され、タッグパートナーの白間には裏切られた。今回はいわば“遺恨マッチ”であり、JURINA勝利での大団円を期待したファンも多かったはずだ。まして今回はJURINAの地元・名古屋での凱旋興行である。

(須田を追い込む場面もあったJURINAだが……)


ところが、勝ったのは須田だった。得意技を次々と繰り出していったJURINAだが、フィニッシャーのハリウッド式デスティーノは防御されてしまう。試合中、ディーヴァおだえり(小田えりな)が乱入したことで大ダメージを負ったJURINAは、須田のシャイニング・ウィザードを後頭部→顔面と2連発で食らい、大波乱の3カウントを聞いた。


この結末に、会場は静まり返る。いわゆるバッドエンドだ。ただし、JURINAの負けは須田の勝利でもある。オクトパスのリングネーム通り柔軟性のある動き、とりわけ高いブリッジは見事で、メインの勝者としてふさわしかったのは間違いない。


「負けから始まる人生もある」とJURINA。アイドルとして常に大きな期待を背負い、プレッシャーも悔しさも感じてきたであろう珠理奈だからこそ、この屈辱も受け止め、跳ね返せるはずだ。


一方、勝った須田は「JURINAの地元凱旋? 私だって愛知県出身なんだよ!」。ドラマではセリフがないところからのスタート。地元でのメイン登場に、両親を招待していたという。エースのJURINAだけでなく、須田のドラマも確かにあったし、それが輝いた。

(今回は総勢31人のメンバーが試合に出場)


『豆腐プロレス』は、一面的ではないエンターテインメントだ。ドラマ自体、本来の主人公は宮脇咲良である。エースやセンターはいても、グループアイドルにはそれぞれのメンバーにファンがついているし“推し”への愛情は知名度とは関係ない。


ドラマがきっかけでメンバーの誰よりもプロレスが好きになり、1.4新日本プロレス東京ドーム大会のアンバサダーを務めた珠理奈。プロレス大賞の特別賞も受賞している。だが、だからといって試合で勝ち続けられるというわけではない。この大会は、AKB48グループらしい群像劇としての魅力が際立つ結末となった。


文・橋本宗洋

続きを見る