AKB「豆腐プロレス」ベストバウトはヨコヤマジャパンvs.工事現場同盟 裏MVPは山田、ユンボ島田の魂を受け継ぐファン感涙の展開

(大会ベストバウトの立役者となった山田(右)、松村、真木子の工事現場同盟)


昨年8月に行なわれた第1回大会に続き、半年ぶりの開催となった『豆腐プロレス The REAL 2018 WIP QUEENDOM』で、ファンの心を最も揺さぶったのはセミファイナルだろう。


2月23日の愛知県体育館大会、ロングスピーチ横山(AKB48・横山由依)&モーモー川本(AKB48・川本紗矢)&グレゴリオ杏奈(アジャ・コング)のヨコヤマジャパンと工事現場同盟の対戦だ。


工事現場同盟は主力のユンボ島田がアメリカの団体WWZに乗り込んでおり、今回はクイウチ松村(SKE48・松村香織)が若手のボイス山田(NGT48・山田野絵)、新加入のアンチスリップ真木子(SKE48・斉藤真木子)とトリオを結成した。


あらためて説明すると『豆腐プロレス』はAKB48グループのメンバーがプロレスラーを演じるドラマ。そのリアル版イベントとして、実際に観客の前でリング上で試合を披露するのが『豆腐プロレス The REAL』だ。試合はドラマと、そこから派生した設定の中で展開していく。


それぞれの役にはメンバーの個性も反映されており、リアルさが透けて見える面白さも。工事現場同盟も“アイドルが顔にペイントを施してヒールを演じる複雑な心境。それでも徹するプロっぷり”まで含めて引き込まれるものがあるのだ。


工事現場同盟は試合への評価も高い。前大会は島田&松村が大会中唯一、メンバー同士ではなく重量級の外国人選手と対戦。今回も相手チームにはグレゴリオ杏奈ことアジャ・コングがいた。


『豆腐プロレス』の試合を見ていると、技や試合展開、対戦カードなどはそれぞれのレベルに応じて考慮されているようだ。無茶はさせていない。その上で、工事現場同盟の対戦相手に杏奈(ことアジャ)がいた。つまり大きな相手に対しても見劣りのしない攻撃ができ、(杏奈=アジャが全力ではないにしても)“本職”の技を受ける能力があると認められたのだろう。


初参戦の真木子は、場外で杏奈とイスチャンバラを展開。さらに背中にイスを振り下ろしていった。松村はジャイアントスイングやダイビング・セントーンなど豪快な技を出す一方、杏奈のパイルドライバーを食らってもいる。

(試合は序盤から激しい展開に。真木子は杏奈にイス攻撃も)


そして、大会の裏MVPとも言える活躍を見せたのが山田だ。リングインし、フードを取るとそのペイントはユンボ島田と同じもの。海外で闘っているという“設定”の島田だが、実際には昨年、AKBを卒業、芸能界からも引退している。それでもまだ仲間であり、思いを受け継ぐというアピールが山田のペイントだった。試合前から涙腺を刺激されたファンも多かったのではないか。


コミカルなポジションだった山田だが、パンフレット掲載のインタビューでは「前回はキャラを前面に出したけど、スタイルを変える」、「技で会場を沸かしてやるよ」と語っている。実際、杏奈のブレーンバスターをきっちりと受け、ダイビング・ニードロップはじめ技も的確だった。最後はヨコヤマスペシャル(エメラルド・フロウジョン)で敗れたが、残したインパクトという点では勝者と同等、あるいはそれ以上だったかもしれない。試合時間は、25分05秒。

(フィニッシュを決めたのは横山。ヨコヤマジャパン監督としての面目を保った)


もちろん『豆腐プロレス The REAL』で最も重要視されているのはメンバーの安全面だろう。間違っても“危険な技を使うから凄い”となってはいけない。ただ工事現場同盟の試合ぶりには“所詮アイドルがやること”という偏見など跳ね返すような力があった。


試合後、大コールの中で立ち上がった山田はマイクを握るとこう語っている。


「島田さん、どこかで見てますか? 拝啓、ユンボ島田様。あなたの背中はもう見えません。でも山田は変わりました。今日は負けましたけど、これからプロレスはもっともっと面白くなるんですよね? これからはボイス山田じゃなく、ユンボ山田と呼ばれるくらい強くなってやる!」


試合が激しかったからこそ、その誓いが胸に響く。“ボイス山田の成長”はフィクションだが“のえピー(山田の愛称)が限界まで頑張った”のはリアルだ。彼女たちは本物のプロレスラーではない。しかし設定と現実の狭間から浮かび上がるプロレス的エモーションを、確かに体現していた。

文・橋本宗洋


続きを見る