木村“フィリップ”ミノル、本能むき出しのファイトスタイルを見せる 「相手は怖いと思う」「次元が違う」

2月24日(土)東京・K-1ジム蒲田にて、木村“フィリップ”ミノルが公開練習をおこない、インタビューに応じた。木村は3月21日(水・祝)、さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~」スーパーファイトで平山迅と対戦する。


公開練習で気迫のこもったミット打ちを披露した木村。調子を聞かれると「すでに仕上がってる」「あともうちょっと、これにプラスアルファいろいろ付け足していけば“試合モード”に仕上がると思う」と順調な調整ぶりを明かし、さらに「前よりも分かりやすく“怖い武器”っていうのが増えてて、メッチャ手ごたえ感じてます」と自信を見せた。


今まで積み上げてきたものが「マッチしてきたような感覚」があると語る木村は、「今回から“本物の自分の姿”が見せられると思うんで、楽しみ」と不敵な笑みを浮かべる。今までとの違いについて問われると「より怖いと思います」と語り、本能むき出しのファイトスタイルによって「試合中、怖くて(相手が)固まる気がします」と大胆発言。「『次元が違う奴とリングに立っちゃった』みたいな『俺がいる世界じゃねえや、ここ』って多分思うんじゃないですか」と余裕の表情だ。


さらに木村は「自分の頭の中みたいに完璧にできたら多分、誰にも負けない」と理想があることを明かし、「狂気な部分を持ったファイトスタイルだと思うんで、それを今回いつも以上に真剣に極めてます」と波瀾の試合を思わせるコメントをした。

続きを見る