木村“フィリップ”ミノル、平山戦へ自信「ベルトのある奴はごまんと倒してきた」

2月24日(土)東京・K-1ジム蒲田にて、木村“フィリップ”ミノルが公開練習をおこない、インタビューに応じた。木村は3月21日(水・祝)、さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~」スーパーファイトで平山迅と対戦する。


平山について聞かれた木村は、ある程度映像を見て研究していることを明かす。「どういうタイミングで倒すんだろうか」「こうなってるときに勝つんだこの人は」といったフィニッシュ部分などを見ているという。


「僕が見た試合の中でも、チャンピオンクラスの相手を倒したり、普通に良いところが沢山あった」と平山を評価する木村は「それぐらいの意識はしてます」としながらも「それくらいの相手を数えきれないくらい倒してきたんで僕、あんま気にしてないです」と余裕を見せる。「自分自身ベルトはないですけど、ベルトのある奴はごまんと倒してきたんで」と、強敵への恐れはまったくないようだ。


試合の注目度の高さについて問われると「嬉しいです。より集中できそうです。自分が求めてた世界観なんで」と闘志を燃やす。「大きいスーパーアリーナで戦ってお客さんもギッシリでっていうのは夢見てきた光景なんで、それをK-1でできるのは嬉しいです」と目を輝かせ「そういう世界観の中にいれば、僕はより一層強くなれるんで、自分の土俵だと思います」と自信をのぞかせた。

続きを見る