王者・武居由樹、肉体改造の成功に自信あり!古川会長が太鼓判

2月26日(月)東京・足立区 パワーオブドリームにて、公開練習を行った武居由樹がインタビューに応じた。武居は3月21日(水・祝)、さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~」スーパー・バンタム級タイトルマッチで久保賢司と対戦する。


昨年、第2代K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者となった武居だが、この1年での変化を聞かれた古川誠一会長は「パワーが付いたと思う。体も1回り以上、体重もやっと60キロちょっと超えたくらいになってきた。今までは全然体重がまるっきり足らなかったんで。ベストな体重になってきたかな」と、肉体改造の成功に自信を見せる。


武居が体重増について苦心していたことを明かす古川会長は、「Krush」参戦時に「4、5試合目くらいまでは51キロとか、全然体重がなくて」と告白。およそ9キロの増量に成功した武居も「自分でも練習とか試合とかしてて、やっぱ『パワー負けしないな』って感じることが多くなったんで、パワー付いたなって思いますね」と手ごたえを感じている様子だ。


今後の武居の伸びしろについて聞かれた古川会長は「全部に(伸びしろが)ある」と期待を寄せ、さらに「もうちょっと追い込んでやろうかな」と不敵に笑うと、武居は思わず苦笑。古川会長は「まだまだ、逃げたりしないと思うんで。帰るとこウチだからな」と、古川会長の家で共同生活をしながら研鑽を積む愛弟子へ、さらなる“愛のムチ”を宣言した。

続きを見る