武居由樹、久保賢司の数々の挑発も「はじめての絡まれ方なので楽しい」

2月26日(月)東京・足立区 パワーオブドリームにて、公開練習を行った武居由樹がインタビューに応じた。武居は3月21日(水・祝)、さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~」スーパー・バンタム級タイトルマッチで久保賢司と対戦する。


記者会見で久保から数々の挑発的な言葉をかけられたことについて、武居は「こういう絡まれ方っていうんですかね、はじめてなんで、自分的には全然楽しいですね」とむしろ楽しんでいる様子で「イライラするとか全然ないですね、逆に久保選手が年下の選手だったら、ちょっと『あー』ってなるかもしれないですけど、全然そういうのはないですね」と余裕の表情を見せた。


試合への意気込みを聞かれると「いつも言ってるんですけど、他の階級に負けない試合を見せたくて。今回タイトルマッチ6つあるんですけど、その中でも『1番おもしろかった』って全部終わったあと言ってもらえるように、そういう試合を見せたいと思います」と気を吐く。古川誠一会長も、大会について「K-1のベルトの価値、全階級K-1の価値を上げるような試合を見たいなと思いますね」と期待を寄せた。


最後にファンに向けてのコメントを求められると「3.21、今まで1番大きいK-1で、僕が1番活躍できるように頑張るんで、応援よろしくお願いします」と謙虚かつ堂々と大会での活躍を宣言した。

続きを見る