ファンとの恋愛はアリかナシか? 東京女子プロレスが禁断トーク

2日「DDTの木曜The NIGHT」(AbemaTV)が放送された。代表取締役社長である高木三四郎を筆頭に、男色ディーノらDDTのプロレスラーたちが奇想天外な企画に挑む生放送番組だ。今回はひな祭りにちなみ「東京女子スペシャル」を実施した。


「東京女子ディベートマッチ」では、東京女子プロレスラーが2組に分かれ、トークテーマを元に論戦を繰り広げることに。しかしディーノが、山下実優に“ディベート”の意味を説明させてみると、「なんか音楽……ベートーヴェンみたいな」と、早くも企画に暗雲が立ち込める。


そして「ファンとの恋愛は有り? 無し?」というトークテーマに対し、東京女子プロレスでは、酒・たばこ・男がNGという“三禁ルール”があることから、全員が「ない!」と宣言。いきなり終了しそうになったため、思わず高木が「番組進まないから!」とツッコミが。


伊藤麻希が「ぜったい無理、当たり前じゃん」と強弁すると、山下実優は「単純に今は想像できてないから。想像してみてくださいよ」と“恋愛”を夢見ていることを明かす。しかし伊藤は、レスラーとして活躍している“偽りの自分”を好かれても「本当の愛じゃない」と、レスラーを引退したとしても元ファンと付き合うことには否定的で「本当の自分を見て欲しい」と主張した。


ディーノに話を振られた木下も「すべてを出せない」と伊藤に賛同する。普段テレビで見せているニュースキャスターの姿をプライベートで見せているわけはなく「トレーナー着てる自分、前髪あげてる自分を見せられない」とコメント。過去にそういった男性との付き合いはあるのか? と聞かれても「ない」とキッパリ答えていた。


続きを見る