「チェキ撮りてぇ!」サイプレス上野、東京女子プロレス観戦で覚醒!

(大会後、メインで勝利した山下実優と記念撮影)


業界屈指のプロレスマニア・サイプレス上野(サイプレス上野とロベルト吉野)とひたすらプロレスについて語り合うインタビュー、今回は超満員の興行が続く東京女子プロレスがテーマとなった。上野は1月4日の後楽園ホール大会を観戦。試合はもちろん、アイドル的人気も高い選手たちの物販(サイン、チェキ会)も印象に残ったようだ。


(聞き手・橋本宗洋)

―ここ数年、1月4日には東京女子プロレスの後楽園ホール大会も恒例になってまして、上野さんも新日本プロレス・東京ドーム大会の前に会場に行かれました。年明け早々ハシゴ観戦という(笑)。

上野:お客さん入ってましたね。確かに面白かった。ハードヒットな試合もあり、アイドル感もありっていう。現代的な女子プロレスっていうんですかね。


―伊藤麻希vs男色ディーノみたいな試合は他にないでしょうし。

上野:あれは凄かった。そして伊藤ちゃんはこないだの週プロの裏表紙も凄かったですよ(笑)。俺が一番、女子プロを見てたのは全女とか、全女対JWP、LPWとかの対抗戦時代なんですよね。だから最近の流れは押さえてるって程度でそこまで詳しくないんですよ。それで余計に新鮮に見れたかもしれない。東京女子は、今の女子プロの流れの究極型みたいなところがあるんですかね。


―突き抜けてますよね。

上野:びっくりしたのは、俺の友だちのBiSファンがいるんですよ。旧体制、オリジナルのBiSの超ファン。そいつが会場にいましたね。いま東京女子の選手を推してるらしくて。「プロレス好きだったっけ?」って聞いたら「これはハマった」って。


―そういうこともあるんですねぇ。

上野:大会後のチェキ会もしっかり並んでましたね(笑)。


―後楽園大会はお客さんの数も多いので凄い列になるんですよね。

上野:そう。それ言ったら「いや、俺は全然待つから」って。さすがですよ。あの後、スターダムも行ったんですけど、ポートレートにサインしたりとか、どこも物販の充実が凄いですね。


―好きな選手と写真撮ったり、サインもらったりするところまで含めて生観戦の醍醐味みたいなところはありますよね。

上野:グッズもいっぱい買うしっていう。そういうファンが増えてるんですよね。葛西(純)さんもそうですからね。いま試合後の物販、お客さん凄いんで。帰りに会えないんで、最近は奥さんと息子さんに挨拶して帰るっていう(笑)。


―デスマッチやって、血だるまのまま物販ですからね。

上野:それもファンサービスですよね。俺もライブ終わったら即、物販ですよ。それはプロレスの影響があって。俺もライブ直後、そのまんまの格好で。Tシャツとかビシャビシャなんですけど、そのほうが本物感あっていいんじゃないかって思いますね。


―ファンは絶対、そっちのほうが嬉しいですよ。

上野:そもそも会場に来てくれる、グッズにお金を落としてくれるファンが増えてるっていうのはいいことですよ。これは音楽、ヒップホップの世界も同じですけど。ツアー回って、移動とか人件費にもお金かかって、そこで黒字につながるのはグッズだったりもするんですよ。


―アンコールでツアーTシャツを着たり。それ見るとほしくなりますもんね。

上野:R指定(クリーピーナッツ)は最初から着てたりしますけどね(笑)。あいつらはもともと服に疎いからいいけどさぁっていう(笑)。それはともかく、物販の充実が大事っていうのはいろんなジャンルで共通してるなって。そういえば、ツイッターにも書きましたけど東京女子で推しが見つかりましたよ(笑)。


―お、ピンとくる選手がいましたか。

上野:坂崎(ユカ)選手。チェキ会の様子を遠巻きに見てたんですけど、凄い元気がでましたね(笑)。こう、独自のノリがあるじゃないですか。魔法少女としての。


―ちょっと不思議な感じで。

上野:あれを見て「俺は長州ばりにカタかったな」って思いましたよ。仕事で関わることもある分、インサイダーっていうのか、会場で並んでチェキ撮るとかやろうとしてなかったですからね。


―でも、それは楽しくないぞと。

上野:「今、坂崎選手とチェキ撮ったら凄い癒されるだろうな」って思いましたね(笑)。たぶん向こうは俺のこと知らないだろうから、一ファンとして何食わぬ顔でチェキ撮りに行きたいなって。アイドルについて語った本まで出しといて今さらですけど「チェキ撮りてぇ!」って思いました(笑)。


―あえて関係者に自分を紹介してほしくないっていう(笑)。

上野:あくまでファンとして撮りたいですよね。「今日も元気出たよ。ありがとう」とか言う感じ。俺の世代は広末(涼子)とかなんで「会えるアイドル」、アイドルとの接触に関してはピンとこない部分もあったんですけど、ようやくきましたね。「これはヤバい」って。


続きを見る