那須川天心、“史上最強”になるのは「可能だと思います」

『VS那須川天心 -那須川天心挑戦者決定トーナメント-』(AbemaTV)が放送された。“神童”“キックボクシング史上最高の天才”と評される那須川天心に密着取材を敢行、その素顔に迫っている。


番組では、天心の挑戦者を決めるためのトーナメントを実施予定。しかし、本人はこの企画に対して「面白いじゃないですか」と余裕の表情で「人生が挑戦だと思っている」と、あらゆるチャレンジも辞さない姿勢を見せる。また、昔から変わらず「ウルトラマンが好き」と明かす天心は、自身の職業を聞かれると「格闘家です」と即答したが、少し間を置いてから「いまは高校生・格闘家ですかね」と笑って付け加えた。


「キックボクシング史上最高の天才」と言われることについては「自分ではまだそうは思わないですけど。言ってくれるのはありがたいんで、嬉しいですね」と本音を漏らす。自分より強い格闘家はいるか? という質問には「同じ階級だとなかなかいないですね」と言いつつも「海外にはまだ知らない選手がたくさんいる」と、まだ見ぬ強敵の存在を意識していた。


“史上最強”という称号の実現性について「可能だと思いますね。みんなが認めればそういう風になっていくんじゃないかなと思います」と語る天心。夢について聞かれると「とりあえずキックボクシングをメジャーにするのが今の夢かなと思います。夢というか目標ですね」と答えた。


格闘技の魅力については「生きるか死ぬかというか、本当に命掛かってるんで、他の競技よりはスリルもありますし、いつ死ぬか分からないですし、どんだけ頑張って練習しても一瞬で負けちゃったり、100パーセントっていうのがないんで。そこが楽しいというか、見てて面白いんだと思います」と、熱い想いを語っていた。


(C)AbemaTV

続きを見る