敵なし”“無敗”・・・最強の男・那須川天心が抱える悩みとは?

『VS那須川天心 -那須川天心挑戦者決定トーナメント-』(AbemaTV)が放送された。“神童”“キックボクシング史上最高の天才”と評される那須川天心に密着取材を敢行、その素顔に迫っている。


キックボクシング24戦、MMA4戦、ミックスルール1戦の戦歴を合わせ、29戦29勝という、まさに“敵なし”と言える天心だが「那須川天心は何と戦っている?」という質問には「僕が今進んでいる道は、ゴールが分からないんですよね」と言う。


「例えば野球だったらメジャーリーグとか、サッカーだったら世界でプレーするとかっていうのがあるんですけど、僕はキックボクシングで頂点に立って、そこで終わりじゃないんですよね」と、頂点を極めた者だからこその悩みを明かす天心。「そこから僕が作っていくっていうのがあると思うんで、誰も分からないんですよね。僕もどうなるか分からないし」と、今も模索中であることを明かし「だから本当に僕は“未来”と戦うしかないかなと思いますね」と言い切った。


天心は「僕はずっと、天才や神童と言われてますけど、自分では全然そう思ってなくて」「5歳からずっと(格闘技を)続けてきて、苦しいことやつらいことがあって、そういうのを乗り越えてきたから、今『ここにある』っていうのをしっかりと見てもらいたいなと思います」と、格闘技ファンへメッセージを送っていた。


この『那須川天心挑戦者決定トーナメント』では「プロ、またはそれに準ずる者に限る」「防具を着用しての試合を予定」といった条件が公開されている。詳しい応募方法はAbemaTV公式ツイッターにて告知するとのこと。無敗の“神童”に対して、どのような挑戦者が現れるのか目が離せない。


(C)AbemaTV

続きを見る