“筋肉アイドル”才木玲佳、伊藤麻希を挑発「顔がデカい」 “危険すぎてDDTでは使えない”せのしすたぁ・まおも参戦

“筋肉アイドル”才木玲佳と女装パフォーマーとして知られるレディビアードのユニット「DEADLIFT LOLITA」の主催イベント『渋谷マッスルイリュージョン』が、3月6日にLOFT9 Shibuyaで行なわれた。

(「伊藤は概念としてのアイドルだから」という伊藤に、ファンから「概念」コールも発生)


ライブユニットとして海外でも活動しているDEADLIFT LOLITA。才木、レディビアードともにプロレスラーであり、3月25日のDDT両国国技館大会にはタッグで出場する。


前半がトーク、後半がライブという構成のシリーズ『渋谷マッスルイリュージョン』。前回は才木と同じく東京女子プロレスに出場しているアップアップガールズ(プロレス)がゲストだった。今回もプロレスつながりで伊藤麻希が登場。伊藤も東京女子で活躍中で、3.25DDT両国にも参戦する。さらにもう一人のゲストは、ネット配信番組『ぶらり路上プロレス』で伊藤と大バトルを展開、AbemaTVの『DDTの木曜The NIGHT』出演時にも番組を大パニックに陥れた、せのしすたぁ・まお。


危険な予感しかしないイベント、その冒頭からまおはなぜか脚立を手に入場。トークテーマは「売れる」だったが、レディビアード曰く「このイベントの映像をネットにアップすれば間違いなくバズるよ」。


ステージから観客のフードをつまみ食いするなど好き放題のまおだったが、どんな形で売れたいかという話の中で「やっぱりアイドルとして売れたい。みんながまおのことを好きでいてくれるのはアイドルだからだと思う。相方のゆーたんや運営さん、ファンのみんなに売れて恩返ししたい」とシリアスなトークも。


一方、伊藤はというと「伊藤は職業がアイドルなんじゃなく、概念としてのアイドル。存在自体がアイドルってこと」と風呂敷をかなり広げた主張を展開。伊藤、まおの押し出しの強さに煽られたか、仕切り役に徹するつもりだったという才木も「(街を歩いていると振り返られるという伊藤に)それは顔がデカいから?」、「伊藤ちゃん、私のこと意識する部分があるって言ってたらしいけど、私は正直……」と攻撃態勢でのトークが続くことに。

(アイドルイベントだが4人中3人はレスラーでもあるという濃厚ぶり)


ちなみに今回の出演者で唯一、レスラーではないのがまお。その破天荒っぷりからリングデビューも期待されているが、DDTの“大社長”高木三四郎に「DDTでは使えないからよそでやって。まずガンバレ☆プロレスでおとなしくなってから」と言われたというエピソードも披露していた。


本人曰く、プロレスに興味はあるものの知識がなさすぎるため「まず勉強しないと」。また、まおは「伊藤麻希とはずっと比べられてて納得いかない。人としてコイツには負けたくねぇ」と意地をむき出しにする場面も。この2人のライバル関係は、舞台がどこであれ今後も続いていくはずだ。そして彼女たちのトークに、レディビアードが「クレイジー」、「マッド」、「インセイン」と表現を変えつつ驚愕していたことも付け加えておきたい。

続きを見る