内藤哲也選手が知っててくれた!諏訪魔&石川修司ペアは超デカい サイプレス上野が見た「プロレス大賞授賞式」

(授賞式の場をかっさらったアンドレザジャイアントパンダと)


音楽業界屈指のプロレス者・サイプレス上野がマット界を語るインタビュー企画、今回は東京スポーツ認定・プロレス大賞の授賞式に参加した際のエピソードを語ってもらった。各団体からスター選手が集まるこの授賞式を“ファン目線”で見たという上野の印象に残った光景は……。


(聞き手・橋本宗洋)


――上野さん東スポ・プロレス大賞の受賞式にも行かれてましたよね。新日本プロレスの内藤哲也選手と撮った写真、見ました。

上野 あの写真撮るのに列ができてましたよ。俺もそこに並んで。で、俺の2人前くらいのところで内藤選手がステージに呼ばれて、それを列作りながら待ってるっていう。そしてそれを(フリースタイル)ダンジョンとか見て俺のファンだっていう子に見られてましたね(笑)。


――授賞式に参加する人は全員、何かしらの関係者なんでしょうけど、その中でまたファンとして行動するっていう。

上野 面白かったですよ。パーティー中も座ってる人と立ってる人がいて。やっぱり年功序列が出るのかと。俺も「座ってください」って言われたんですけど、いやいやいやって(笑)。


――とても座れるようなメンツじゃない(笑)。

上野 マット界の重鎮がいっぱいいますからね。そんな中で、今年から乾杯の音頭が小橋(建太)さんになって。


――去年までの坂口(征二)さんと交代で。

上野 世代交代ですよ。「今年からは若い世代に」って、小橋さんが若い世代になる世界なんですから(笑)。独特の世界でしたね。プロレスラーがたくさんいて、昼間から酒飲んでるっていう。


――しかもいろんな団体の選手が一堂に会するわけですから。

上野 ホントにそれが気になっちゃって。誰が誰とどういう会話すんだろって。そこに引かれてる微妙な線みたいなのもありましたね。


――全然が全員、和気藹々ではないと。

上野 知ってる同士なら団体関係なくしゃべったり写真撮ったりするんですけどね。「あぁ、あの選手とあの選手は全然近寄らないな」とか。


――こういう時って、所属によってなんとなくの「島」みたいなのができますよね、どのジャンルでも。

上野 そこを自由に行き来できる人もいるんですけどね、身軽な、責任感がなくていい人も(笑)。あとドラゴンゲートのYAMATO選手が殊勲賞の受賞スピーチでカマしてきてましたね。


――「好きに動けるので必要としてくれる団体は声をかけてほしい。ただしお客さんは全部ドラゴンゲートに持って帰ります」と。こういう時はアピールするチャンスなんでしょうね。

上野 その意気込みを感じましたよね。ちょっと会場ピリつくんじゃねえかって思いましたよ。で、その後どこの席に行くのかなと思って見てたら、そこは無難な感じで。


――必要以上には荒立てない(笑)。

上野 ただの一介のファンなのでそういう動きばっかり気にしてましたよ。メシを食うふりしながら(笑)。で、最終的にはアンドレザ・ジャイアントパンダが全部持っていきましたね。みんな写真撮って。


――しがらみもないでしょうし。

上野 場がなごみましたよ。昔のプロレス界だったら怒る人がいたかもしれないけど。今は逆で、鈴木秀樹選手が絡みにいったら注意してる人がいましたからね。「来賓に何してんだ」みたいな。


――鈴木選手は受賞者なんですけどね(笑)。

上野 鈴木選手もさすがでしたけどね。ベストタッグ受賞の諏訪魔選手と石川(修司)選手は間近で見るととにかくデカかったです。なんか嬉しかったですね。「プロレスラーだなぁ」って。あと内藤選手と写真撮った時、俺のこと知っててくれたんでよかったです(笑)。

続きを見る