アルコ&ピース・平子×K-1王者・武居対談【後編】 「古き良き時代の武道家みたい。今はとにかくそのままでいってほしい。」

3月21日、K-1のさいたまスーパーアリーナ大会で、武居由樹(スーパー・バンタム級王者)が久保賢司を相手に王座防衛戦を行なう。


昨年、トーナメントで優勝し王座奪取、MVPにも選ばれる目覚ましい活躍を見せた武居だが、性格は謙虚そのもの。そんな武居のファンだというアルコ&ピースの平子祐希さんに、武居の所属ジムPOWER OF DREAMで対談してもらった。


――3.21K-1では久保賢司選手との対戦ですが、会見での久保選手の毒舌に対して「そう言ってても、前回も試合後に褒めてくれたので」と返したのは凄いと思いましたよ。礼儀正しいキラーっぷりで(笑)。

平子 毒舌殺し(笑)。


武居 年下の選手に挑発されたら腹が立つかもしれないんですけど、久保選手は年上なので。


平子 格闘技でもそういうのあるんだ(笑)。


武居 感謝しなきゃいけないっていうのはあります。相手がいるから試合ができるんだって。リングに上がったら歳は関係ないですけど、会見とかでは礼儀正しく、上下関係も大事だと思います。


平子 武道家っぽいですね。古き良き時代の人というか。武居選手のスタンスっていうのは「その手があったか」って思いますよ。

僕も自分の世界で毒舌、押し出しの強さで勝負しようとした時があったんですけど、「向いてないな」って。「俺は変に面白いこと言おうとするより、普通のパパのほうがいいのか?」って思ったりもしますしね。そういう模索中の人間にとっては、武居選手は凄いなと。


――武居選手は試合とコメントの振り幅がありますけど、平子さんはテレビとラジオの振り幅がありますよね。

平子 ラジオ(TBSラジオ「D.C.GARAGE」)は頭おかしくなりますね……。


――試合じゃないですけど、どこかスイッチが入るというか。

平子 そうですね、スイッチです、完全な。格闘家の人にもあるんでしょうね。武居選手もリング以外ではスイッチをオフにしてる感じなのかなって。切り替えがしっかりしてますよね。


武居 最近は入場する直前に一人で思いっきり集中しますね。「よし、試合だ」っていう。暗い中で一人っきりになって。


――音楽を聴いて雑音をシャットアウトする選手もいますよね。

武居 僕も音楽は聴きますけど、スイッチ入れる時は無音ですね。


平子 普段はどんな音楽を聴くんですか?


武居 何でも聴きますけど……。洋楽が多いですね。


――入場曲がクイーンですけど、会長の趣味とかではないですよね(笑)。

平子 iPodの中身まで会長が決めてたら怖いですけど(笑)。


武居 会長は厳しいですけど、それはないです(笑)。


平子 ジムの決まりで恋愛禁止なんでしょう?


武居 そうです。外泊も禁止で。


平子 今一番、外泊したい年頃でしょ(笑)。


武居 メチャクチャしたいんですよねぇ。したいです……。


平子 しみじみと(笑)。足立区で外泊してない青年は武居選手だけですよ、きっと(笑)。


武居 そうだと思います(笑)。お酒は飲みたいと思わないんでいいんですけど、外泊は(笑)。


平子 したいですよねぇ。お酒飲まない20代も足立区初でしょ(笑)。恋愛はどうですか? もうチャンピオンですし。


武居 しちゃったらしちゃったでいいんでしょうけど、でも出会いもないですし。


平子 芸能人では誰が好きなんですか。


武居 石原さとみさんです。


――K-1のチャンピオンですから、アピールしてると何かの機会に会えたりするかもしれないですよ。

平子 意外と届きますよね。リングサイドに見に来てくれたり。


武居 いや、緊張しちゃうんで……。


平子 遊びに誘われたりもしないんですか?


武居 断ってるうちに誘われなくなっちゃうんですよ。


平子 周りもそこは気を使うでしょうしね。今はそれでいいと思いますよ。


武居 練習に集中はできますね。恋愛とかはいずれ……。


――年上に人気ありそうですけどね。

武居 どうなんですかね……おばあちゃんからは人気ある気がします。けっこう見てくれてるなって。


平子 それは人柄から入ってるんじゃないですか。理想の孫として。そこから入って格闘技に詳しくなっていくっていう、おばあちゃん世代が。「うまく上下に打ち分けてるわねぇ」って(笑)。


武居 それはそれで嬉しいのかよく分からないですけど(笑)。


平子 今はとにかくそのままでいってほしいですね。清く正しくで。


――夜は外泊せずにアルコ&ピースのラジオを聴いてもらって。

平子 いや、聴かれたら逆に怒りますよ。夜中の12時からなんで、しっかり寝てほしい。


武居 あぁ、12時は布団入ってます、いつも。でも今度ラジオ聴きます。


平子 いやいやいや、聴かなくていいから、あの狂った番組は。それでコンディション崩されたら嫌だなぁ(笑)。 


――さて、今度はさいたまスーパーアリーナのメインアリーナです。

平子 最初の会場は代々木第二体育館ですか。その時点で「これは大きな流れになるぞ」と思ったんですけど、本当になりましたね。今度はさいたまスーパーアリーナのメインアリーナですもんねぇ。


――武居選手にとっても初めての会場ですね。

武居 見に行ったことしかないですね。最初はたぶん、魔裟斗選手の引退試合でした。


平子 あの大きな会場で、もちろん委縮しちゃう選手もいるとは思うんですけど、逆に覚醒する選手もいるのかなって。そこも楽しみですね。


武居 僕は会場が大きいとワクワクしますね。見てる人が多いのは嬉しいです。緊張よりそっちが大きいので、今回は本当に楽しみです。


――これまでも、会場が大きくなって緊張したことはないですか。

武居 ないですね。ワクワクするほうが大きいです。それはキャリアを積んできたからかもしれないですけど。


平子 会場の雰囲気に乗っかれるタイプですね。


武居 雰囲気で言うと後楽園ホールも好きですね。お客さんが近くて、みんなで応援してくれてるっていう感じがするので。


平子 お客さんの声、反応がダイレクトに届くっていう。それは劇場でもありますね。そういうものを感じ取れるというのも、一つの能力じゃないかなぁ。


続きを見る