皇治、プロファイターとしての覚悟「キレイごと要らん」「仲良しこよしなんて絶対に嫌」

3月21日『K-1GP 2018~K'FESTA.1』で卜部弘嵩と激闘を繰り広げ判定勝ちをおさめた皇治に『ONE DAY』(AbemaTV)が試合前から密着取材を敢行。その様子が放送された。


対決前の記者会見で、卜部に挑発的な言動を繰り返して一触即発な空気を演出した皇治は「記者会見してる意味って何なんすか?」と取材スタッフに逆に問いかける。


「『頑張ります。皆さん楽しみにしててください』ってそんなんでホンマみんな楽しみにする? と思って」と、紋切り型の挨拶に辟易している様子の皇治は「プロやったら別に嫌なこと言われたり、何言われたってリスク背負ってでも、盛り上げたりワクワクさせるのがプロやと思う」と持論を語る。


さらに皇治は「例えばサッカーとか、他のオリンピック競技で、こういう“バチバチ”ってないやないですか。唯一格闘技だけにある魅力」と説明し、「だから俺は普通に格闘技盛り上げたいし、K-1が最高峰やと思っているから、だからあの舞台でああいう記者会見があると思っているから、そやったら別にリスク背負ってでも盛り上がるんやったらえぇわと思ってるし」と、その想いを語った。


また「でも実際、俺はキャラ作ってるというよりはホンマに相手嫌いやから」とぶっちゃけつつ「すべて懸けてリングに上がって奪い合いするわけやから、そこにキレイごとなんていらんし、仲良しこよしなんて俺は絶対嫌やから。そやから言いたいこと言ってるだけ」と自身の“ポリシー”を明かした。

続きを見る