「1番ヤベー奴だった」坂崎ユカ、山下実優の危険すぎる行動を暴露

30日『DDTの木曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送された。代表取締役社長である高木三四郎を筆頭に、男色ディーノらDDTのプロレスラーたちが奇想天外な企画に挑む生放送番組だ。


“3カウント”ギリギリの白熱する試合のような出来事を発表する「今週のカウント2.9」のコーナーで、東京女子プロレスの坂崎ユカは「心霊現象」というフリップを掲げた。


坂崎いわくDDTの動画配信サービス『DDT UNIVERSE』で、同じく東京女子プロレス・山下実優の自宅に女子レスラー数名で遊びに行くという女子会企画を実施したとのこと。同女子会は深夜まで続き、他メンバーは各々バスの送迎などで帰宅したが、自宅が遠い坂崎と瑞希は山下の家に泊まることになった。


はしゃぎながら楽しく過ごしていた3人だったが、ドラマを見ているとテレビの電源が前触れもなく急に“フッ”と落ちる。「あれ?」と思った坂崎は、帰宅したメンバーの中に霊感が強い上福ゆきがいたことが頭をよぎったという。


その後、気を取り直し就寝して翌日もお泊りすることに。ドラマを見ていると、今度は聞き覚えのない“音”が聞こえはじめ「なんだ?」と発信源を探すと、山下のスマートフォンからダウンロードした覚えのないクラシックの曲が流れていたそう。


前日にテレビの電源が落ちたのと同じ時間帯だったこともあり「わー!」とパニック状態になった3人。上福が連れてきた霊の仕業だと思い、彼女に電話して対処法を聞くと「塩を買ってきて体に揉みこみなさい」と指示を受けたため、山下がコンビニで買ってきた塩を体に振って、盛り塩までしたという。


ひとまず安心して眠りについた3人だったが、テンションの上がった山下は突如、坂崎の胸を揉むといった変態行為に走ったらしい。坂崎が「山下が1番ヤベー奴だった」と話をまとめると、ディーノは「心霊現象じゃなくなってるけどね最後」とツッコミを入れ、高木も「サカってるだけじゃねえかよ」とあきれていた。


(C)AbemaTV

続きを見る