那須川天心、挑戦者たちに宣戦布告「相手は誰でも、どんな相手だろうと戦う」

『VS那須川天心 -那須川天心挑戦者決定トーナメント-』(AbemaTV)が放送された。


“神童”那須川天心の強さの秘密に迫るため、スタッフは天心のフィジカルトレーニングに同行したが、トレーナーの千田真矢さんは天心について「はじめて来たときはもう……全然ですよ」と苦笑する。


「“スーパー高校生”って言われていましたけど、普通の高校生でしたよ」と語る千田さんに、天心も「来たとき本当に体も固くて、やばかったですよ」と認める。当初、天心に「体の使い方のクセ」があったと語る千田さんは、その“クセ”を治すところからトレーニングをはじめさせたという。


天心は「ここに来てなかったら(ファイト)スタイルが変わってましたよ」と、トレーニングでKO率を左右するほどの効果があったことを明かす。さらに千田さんは天心がMMAに挑戦する前から、MMAをトレーニングとして取り入れるよう勧めていたことも明かし、天心も「ずっとやれって言われてたんですよ」と認めてスタッフを驚かせた。


3月22日に高校を卒業した天心。4年制の高校生活は長かったとしながらも「格闘技の4年間、デビューしてからここまでは凄い短かった」と振り返る。


トーナメントについては「相手は誰でも、どんな相手だろうと戦うので」と挑戦者たちに“宣戦布告”した天心。「トーナメントに出てしのぎを削って、その1人と戦って、自分がどうなるかわからないですけど、もしかしたら負けるかもしれない。そういうチャレンジ精神を見てもらいたい」と覚悟を見せていた。

続きを見る