蝶野のケンカキック、武藤のドラゴンスクリューからの足4の字、藤原組長のワキ固め・・・見たい技を見せてくれるから素晴らしい! サイプレス上野、プロレスリングマスターズを語る

(会場でしっかりグッズを買い込んだ上野。ファン心全開)


音楽界屈指のプロレスマニア、サイプレス上野(サイプレス上野とロベルト吉野)の観戦記インタビュー、今回は2月16日の「プロレスリング・マスターズ」(後楽園ホール)について語ってもらった。


レジェンドレスラーたちが集結、メインイベントでは藤波辰爾&長州力&獣神サンダー・ライガー&武藤敬司vsTEAM2000(天山広吉、ヒロ斎藤、AKIRA、スーパーJ+蝶野正洋)というカードが実現したこの大会。長くプロレスを見ているファンに訴えかけてくる興行だけに、後楽園は年齢層やや高めの観客で超満員札止めとなった。


(聞き手・橋本宗洋)


――しかしもの凄いお客さんの数でしたね。

上野 パンパンでしたよ。こういう興行はめったにないですよね。見てて思ったのは、出てる全員がヒット曲を持ってるんですよね。ヒップホップで言うパンチラインっていうか。


――必殺技であり決め台詞でありっていう。武藤選手は「水戸黄門の印籠」と表現してましたね。

上野 それが出たら盛り上がるんですよね。みんな嬉しくなる。それを持ってる人っていうのはプロとして「強い」ですよ。


――蝶野さんのケンカキックであり、武藤さんで言えばドラゴンスクリューからの足4の字とか。

上野 藤原組長のワキ固めもそうだし。「これが見たい」っていうのがはっきりしてて、しかもそれを見せてくれるんだから素晴らしい。嬉しくなりましたね。

(メインでは蝶野のケンカキックも炸裂)


――ヒット曲しかやらないライブみたいなもので、それは楽しいですよね。

上野 多幸感ハンパないですよ(笑)。途中で出てきた辻さん(実況アナ)が「タイムマシンに乗りましょう」って言ってましたけど、合点がいきますね。


――後楽園全体がタイムマシンで。

上野 みんな懐古主義ってわけではないと思うんですけどね。でも辻さんが出てきたらあれだけ盛り上がるし。完璧でしょう。


――辻さんって、新日本の実況をやってた当初はファンに嫌われてましたよね。

上野 そうそう。「ヒャッホー!」とか言ってんじゃねえよって。俺も思ってたし。


――古館さんのあとっていうのは不利ですよね。

上野 でも今になってみると、辻さんの実況になじんでる自分がいるんですよね。


――プロレスファンの中にも「辻(新日本)、若林(全日本)実況で育った世代」はいるでしょうし。

上野 その人たちが今、大人になってるんですよ。福澤さんだって、今「ジャストミート!」ってやったら大合唱ですよ。俺も言いたいもん、今なら(笑)。むしろ小学生時代のほうがカタかった(笑)。


――いろんなこだわり、わだかまりも時間が解決してくれるんですかね

上野 これはこれでいいし、で、今のプロレスは今のプロレスで楽しんでるんで、贅沢な時代ですよ。


――武藤さんにしても、今の流れを邪魔しないように、あえてWRESTLE-1とは別興行にしてるらしいんですよね。

上野 こういうのは他のジャンルでもあるし、これをプロレスでやるのは賢い方法だと思いましたよ。

続きを見る