「お前とのケンカだぞ」木村“フィリップ”ミノル、煽りパフォーマンスを封印した理由

4日に『K-1 WEDNESDAY CHANNEL』(YouTube)が生放送された。


ゲストの木村“フィリップ”ミノルは、3月21日の『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~』K-1ウェルター級で平山迅と対戦。自慢の剛腕を唸らせ見事1ラウンドKOで勝利している。


すでにトレーニングを再開している木村は、試合のダメージもほとんどないそうで「いつ(試合が)決まってもいいように」と、焦らず着実に練習を積み重ねているという。


入場時にはいつも客席を煽り、会場を大いに盛り上げている木村。しかし前回の試合ではその煽りを封印しリングまで駆け込んでおり、その理由について「舞台は無視しようと思いました」と意外な発言が。


木村いわく「平山選手が絶対に僕のことを格上って分かって試合やってるだろうし、その中で『打ち合いにいく、正面から戦う』って言ってくれたから」と、平山をリスペクトしての行動だったことを明かす。


「本当だったら客を煽って『K-1が埼玉きたぞ!』ってやりたいんすよ」と前置きしつつも「でも、それやっちゃったら“スター”と平山選手になっちゃうから話が合わなくなるんすよ。だから僕は走って、会場を無視して『お前とのケンカだぞ』っていう意味でやったつもりです」と説明した。


思わぬ木村の告白に、アシスタントの才木玲佳が「話すのはここが初めて?」と聞くと、木村は「はじめてです。知り合いに言ってたくらいです」と“初出し”情報であることを明かし、出演者らを驚かせていた。

続きを見る