サイバーエージェントのDDT買収を占った!?高木三四郎の未来を言い当てた占い師レスラー

6日『DDTの木曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送された。代表取締役社長である高木三四郎を筆頭に、男色ディーノらDDTのプロレスラーたちが奇想天外な企画に挑む生放送番組だ。


“3カウント”ギリギリの白熱する試合のような出来事を発表する「今週のカウント2.9」のコーナーで、チェリーは「DDTを」という意味深なフリップを掲げる。


実はチェリーは、今年の4月でDDTを卒業することが決まっており「数秘術という占いをやってまして。今後は数秘術を生かした“占い師レスラー”として色んな活動をしていこうと思います」と明かした。


ディーノは、今年43歳になったというチェリーが体や将来のことを考えて卒業するのだと説明を受けたそうで、“固い仕事”につくのかとばかり思っていたが「占いでやっていこうと思います」と言われたため「今から?」と驚いたという。しかしチェリーは「魔女っぽい方が説得力ある」と、今の年齢だからこそ選んだ道だと説明する。


一方、高木はチェリーの占いの腕を信用しているそうで、DDTがサイバーエージェントのグループ企業になる直前に、チェリーから「来週から高木さんの運気が開けるような気がします」と告げられていたことを振り返ると、チェリーはとびきりの“ドヤ顔”を披露していた。


(C)AbemaTV

続きを見る