ハサミを持ち出して断髪!「チャンピオンになる覚悟を見せる」 辰巳リカ、5.3後楽園大会で王座に挑む

(リング上で、さらにバックステージでも“断髪”した辰巳)


1.4に続く東京女子プロレスのビッグマッチ、5月3日の後楽園ホール大会では、シングル王座「TOKYOプリンセス・オブ・プリンセス」をかけ、王者・山下実優と辰巳リカが対戦する。


山下は東京女子の一期生にして初代王者にもなった団体のエース。1.4後楽園では“筋肉アイドル”才木玲佳を下して王座返り咲きを果たしている。


対する辰巳は、芸能活動からの転身。リングネームは、本名がリカだったことから「リカといったらタツミ」、さらにプロレス界でタツミといえば辰巳ということで、東京女子プロレスが属するDDTの大社長・高木三四郎が発案した。


そう聞くと“キャラ先行”にも思えるが、プロレスへののめり込み方は相当なもの。ケガによる長期欠場を経験しても気持ちを切らさず、一昨年のタイトル初挑戦の時期あたりから試合ぶりへの評価も高まっている。“クビドル”伊藤麻希に気合いとテンションの高さで対抗できる、おそらく唯一のレスラーでもある。


エースとして、王者としての貫禄を感じさせるようになった山下と、これが3度目の王座挑戦となる辰巳の対戦は、東京女子の現時点での最高のカードと言っていい。難攻不落にも思える山下をいかに攻略するか、辰巳にとって問われるものが大きい一戦でもある。


4月8日に開催された春日部大会では、山下実優&坂崎ユカvs辰巳リカ&黒音まほのタッグマッチで前哨戦。ここで山下は、得意のアティテュード・アジャストメントを決めて辰巳から直接フォール勝ちを収めてみせた。

(春日部大会での前哨戦は山下が勝利。挑戦者の辰巳に覚悟を問いかけた)


タイトル戦を前に力の差を見せつけたと言ってもいい山下は、辰巳に「後楽園は単なるシングルマッチじゃない。その覚悟ある?」と辰巳に訴える。これに対し「私にだってチャンピオンになる覚悟はある! 今からそれを見せてあげる」と、ハサミを持ち出して髪をバッサリ。さらにインタビュースペースでも逆サイドを切り落としてしまった。


藤波辰爾の本家・飛龍革命ばり、と言いたいところだが、芸能活動もしてきた辰巳にとって「黒髪ロングはポリシー」だったというから、むしろ“断髪”のインパクトはこちらのほうが強いかもしれない。辰巳が髪を切った瞬間、観客の多くは静まり返り、言葉も出なかった。


すべてはベルトを腰に巻くため。前哨戦で敗れた辰巳だが、観客に感情を届けるという意味ではチャンピオンを超えていた。ベルトに挑むにふさわしい存在であることをあらためて示したと言えるだろう。


文・橋本宗洋


続きを見る