桜庭和志、新格闘技イベント「QUINTET」を立ち上げたワケ

2018年2月1日の記者会見で、4月11日両国国技館で「QUINTET.1」が開催することが発表された。これに先立ち、桜庭和志率いる「HALEO Dream Team」を直撃した。


チームの練習内容について問われた桜庭は「適当にストレッチをやりながら、打撃練習やって少し汗をかいてから組技の練習」と答えて、練習頻度については「みんなで一緒にやるのは週1回くらいですかね」と語る。


「QUINTET」立ち上げの理由については「柔術をやる人の人口も増えているということで、関節技に対しての知識が、見てる人の中でも少しずつ増えてきたと思うんですよ。なので、とりあえずやってみたいなと思って」と説明。


さらに「面白い試合をする人を選びました」と語る桜庭は「所(英男)くんとか、(中村)大介はやっぱり、動きのある試合をするので面白いなぁと」と、桜庭ならではのメンバー選考基準を明かした。


「QUINTET」については「わからない人にでも、関節技の面白さを見せられるように、僕らも面白い試合を出来るように」「やっぱり総合格闘技とか、敷居が高いという感じを(QUINTETで)ワンクッションをおいて、広がっていけばいいなぁと思っています」と展望を語った。

続きを見る