石井慧、「血のにじむ練習」「無理してでも1本取る」 QUINTET参戦を語る

2018年2月1日の記者会見で、4月11日両国国技館で開催されることが決まった「QUINTET.1」。『ONE DAY』(AbemaTV)では、「JUDO Dream Team」としてユン・ドンシク、小見川道大、キム・ヒョンジュ、出花崇太郎とともに参戦が決定している石井慧が、大会に先立ちクロアチアから映像で番組出演した。


石井は「今回はこのようなオファーをしていただきありがとうございます」と、まずは「QUINTET」への謝辞を示すと「僕は今、クロアチアで血のにじむような練習をしております」と近況を語る。


「今回は“抜き試合”のチーム戦ということで、とても面白いコンセプトだなと思ってます」と、5対5の勝ち抜きによるチーム戦というルールに賛同する石井は、「僕はもともと、柔道のときから堅実に戦うタイプで、個人戦のときはポイントを先に取ったら、守ったりとか、あんまり冒険を冒さなかったりとか『勝てばいいや』という感じだったんですけども」と個人戦の際のマインドを明かした。


一方で「チーム戦のときは前が取られたら、無理してでも自分が取らないといけない。自分がポイントを取るポジションだったら、無理してでも1本取らなきゃいけない。自分の負けが直接チームの負けに繋がってしまう、個人戦にはない『駆け引き』がチーム戦にはあると思うんで、そこも一緒に観て頂けたら面白いんじゃないかと」と解説する。


さらに「前が(ポイントを)取られて、後ろが焦ってでも取りに行かないといけない。でも焦ってるから逆に取られやすくなるとか、いろいろチーム戦にはあると思うんで、僕はそういうところもチーム戦ならではで面白いんじゃないかなって思ってます」と、チーム戦における醍醐味について熱弁をふるった。

続きを見る