桜庭和志が手がける“史上初”の格闘技イベント『QUINTET』いよいよ開戦!

4月11日、両国国技館で新たな格闘技イベント『QUINTET』が第1回大会を開催する(AbemaTVにて生中継)。

(桜庭率いるHALEOチームは人気選手揃い)


これはMMAのレジェンド・桜庭和志が手がけるイベントで、ルールは打撃なし、組み技のみのグラップリング。しかも団体戦で、柔道のような「抜き試合」の4チーム制トーナメントだ。エースが5人抜きすることもありえるし、体の小さい選手が相手チームのポイントゲッターを時間切れ引き分けで“潰す”可能性もある。つまり個々の実力だけでなくチームとしての戦略、オーダー(出場順)も重要になってくる。大会前日の記者会見には、出場選手全員が参加するとともに各チームのオーダーも発表に。


桜庭率いるHAEO Dream Teamは、中村大介、所英男、マルコス・ソウザ、ジョシュ・バーネットと“極め”の強いメンバーを揃え、1回戦のオーダーでは中村が先鋒、大将にジョシュを据えて桜庭が次鋒という布陣に。このオーダーは、桜庭曰く「まずジャンケンして、そのあとみんなで相談して決めました」とのこと。1回戦で対戦するJUDO Dream Teamは「軽い順」、優勝候補と言える、グラップリングと柔術の強豪が集ったPORALIS Dream Teamは「軽い選手と重い選手のバランスで配置」と、それぞれ戦略が違うようだ。

(4チーム、総勢20名が優勝を目指す)


HALEOチーム、柔道チームそれぞれの大将であるジョシュと石井慧は対戦を希望しており、この大物対決が実現するかもポイントの一つ。 海外からの大物選手参戦も、QUINTETの大きな話題と言っていい。POLARISチームの中心はグレイシーの新次代を担うグレゴー・グレイシー。昨年のADCCで脚光を浴び、ビッグネームを次々と下して時の人となっているクレイグ・ジョーンズも登場する。


今大会はヒールホールド禁止のルールだが、その中で足関節技の名手であるジョーンズがどんな試合を見せるのかも注目だ。前日会見では「(1回戦、決勝合わせて)10人抜きしたいね」と意気込みを語っている。


そんなPOLARISチームと対戦するのはSAMBO Dream Team。RIZINでもおなじみのテオドラス・オークストリスに加え、打撃系ファイターのマリウス・ザロムスキーもいるという異色のメンバーだ。


消極的な試合ぶりへのペナルティもあり、動きの多い試合が予想されるQUINTET。“地味”“分かりにくい”というイメージもあるグラップリングを広くアピールできるか。大きな可能性を秘めたイベントだと言えるだろう。

続きを見る