那須川天心、「結末はKOしかない」 またも最強ムエタイ戦士と対決、大勝負に挑む!

(またも強豪ムエタイ戦士と対戦することになった那須川)


プロデビュー以来29連勝、試合ごとに知名度を上げている“神童”那須川天心が、またしても大勝負に挑むことになった。


5月6日のRIZINにも参戦する那須川だが、6月17日にはデビューしたイベントであるRISEのビッグイベント、幕張メッセ大会に出場。ここでRISEフェザー級世界王座決定戦に臨む。その相手が、4月11日の記者会見で発表になった。


RISEではバンタム級王者の那須川だが、今回は対戦相手選びにも苦労したという。そんな中、「世界のベルトにふさわしい相手」として那須川自身も望んだ相手がタイのロッタン・ジットムアンノン。那須川は階級を上げてタイトルマッチを行なうこととなった。

(6.17RISEにはK-1を離れたHIROYAも参戦。また森田崇文vs松倉信太郎、一馬vs白鳥大珠も決定)


那須川は今年2月にムエタイの強豪スアキムに勝利。スアキムを「これまでで一番強い相手だった」と那須川は語っているが、今回の相手ロッタンは、そのスアキムからパンチでダウンを奪い圧勝している。好戦的なスタイルだけに、那須川とはかみ合いそうだ。


「スアキムに圧勝しているということで、試練になると思います。それでも勝って盛り上げたい」と那須川。ロッタンの実力についても充分に認めている。


「圧力が凄いし、パンチも蹴りも世界トップクラス。スアキムも圧力負けしてましたからね。(階級を上げて)フィジカルで苦しむかもしれないし、一発で倒すかもしれない。自信と覚悟を持って闘いたいと思います」


RISEルールはヒジ打ちと首相撲が禁止。ムエタイならではの武器が使えないことになるが、ロッタンはパンチ主体のファイタータイプだけに問題はなさそうだ。ロッタン自身「那須川が負けたことがないのは俺とやってないから。パンチがあれば充分だ」とのコメントを寄せている。


「ロッタン選手は首相撲が好きじゃない選手と聞いたので(RISEルールは)嬉しいんじゃないですかね。ロッタン選手の本当の実力が出ると思います」


 そう語ったのは那須川。むしろムエタイルールでの闘いよりも強い可能性があると考えているようだ。


結末について「KOしかない」とも語った那須川。試練の一戦だからこそ、那須川の底力が爆発することをファンは期待しているはずだ。

続きを見る