地味って言ったヤツ出てこい!一本勝ち続出の「関節技祭り」 桜庭和志の新格闘技イベント「QUINTET」手ごたえアリ

(準優勝だったHALEOドリームチームだが、インタビュースペースではこの表情。チームの団結も魅力の一つだ)


4月11日、両国国技館で、新イベント「QUINTET」の第1回大会が開催された。


これは桜庭和志が手がける大会で、ルールは打撃なしのグラップリング。団体戦で抜き試合、4チームのトーナメントという格闘技界初の試みだ。


グラップリングは地味で分かりにくいというイメージもあり、また決め手を欠いての引き分けが多くなるのではないかという危惧もないわけではなかっだが、いざ試合が始まってみると一本勝ちが続出する「関節技祭り」状態となった。


桜庭率いるHALEOドリームチームは、1回戦でJUDOドリームチームと対戦した。最初の2試合は引き分けになったが、中堅の所英男が回転しながらの腕ひしぎ十字固めで鮮やかな一本勝ち。最後はHALEOドリームチームの副将マルコス・ソウザがJUDOドリームチームの大将である石井慧との試合を引き分けに持ち込み、チームの勝利を決めた。体格で不利な選手が相手チームの重量級ポイントゲッターを引き分けで「消す」のも団体戦の醍醐味だ。


もう一つの1回戦では、柔術・グラップリングの専門家が揃ったPOLARISドリームチームがSAMBOドリームチームに圧勝。先鋒のクレイグ・ジョーンズ、次鋒のマーチン・ヘルドの2人が足関節技を極めまくり、3人残しで決勝進出を果たす。


そして決勝戦では、HALEOドリームチームの先鋒ジョシュ・バーネットをPOLARISドリームチームのグレゴー・グレイシーが引き分けでストップ。次鋒のダン・ストラウスは中村、所に勝ち、副将の桜庭とも引き分けて大量リードをもたらす。


HALEOドリームチーム大将のソウザは宇野薫に勝利。しかし次の試合でPOLARISドリームチームの副将ジョーンズがソウザをヒザ十字固めでフィニッシュ、寝技のスペシャリスト集団が第1回大会を制した。


優勝を逃したものの、桜庭は主催者としての手応えを感じたようだ。大会を終えると「今日は今日で、初っぱなとしては面白かったと思います。あとルールは微調整だけ」とコメント。


日本で人気のMMAファイターに加え海外の強豪のアグレッシブな“極め合い”が見られるQUINTET。団体戦ならではの楽しみ方もできる独自のイベントとして、次回大会の開催も楽しみに待ちたい。


文・橋本宗洋

続きを見る