「那須川天心ボコボコにする」“火の国ファイター”、格闘技史に残る下剋上に燃える

14日『VS那須川天心 -那須川天心挑戦者決定トーナメント-』(AbemaTV)が放送された。


天心への挑戦権を得るためのトーナメントへは100通以上の応募が集まったが、その中から4名が選ばれることに。


1人目の出場者は“公民館ファイター”こと藤本祐輝。元キックボクサーの妻が藤本のトレーナーも務めており、二人三脚で格闘技の道を歩んでいる。スタッフが出場決定を報告すると、藤本は「決まりましたか? いやあ、ありがとうございます」と笑顔で、「やっぱり、出るからには勝ちたい」「勝って那須川天心と試合をしたいです」と闘志を燃やしていた。


続いて“火の国ファイター”池上颯瑠に会うべく熊本へむかったスタッフ。池上は以前、番組で「天心喰えば名前が上がるじゃないですか」「どのルールがきても勝てる」と豪語していた男だ。


出場についてスタッフが告げると、池上は「本当ですか?」と喜び「天心ボコボコにするチャンスがあるってことですよね?」「見た感じ、パッとしない奴ばっかりだし、俺普通にいけるだろうなって思って。天心しか見えてないんで」と意気込んでみせた。


「天心までたどり着いて、天心倒せば人生ガラッと変わります」と語る池上。もし実現すれば格闘技史に残る“下剋上”となりそうだ。

続きを見る