『格闘代理戦争2ndシーズン』、五味隆典と桜井“マッハ”速人が参戦決定

『格闘代理戦争2ndシーズン』、既に参戦が決定していたレジェンドファイターの山本“KID”徳郁、青木真也、秋山成勲に続き、元PRIDEライト級王者&元修斗世界ライト級王者, UFCやRIZINなど格闘技の最前線で戦い続ける五味隆典、マッハ道場主宰であり、ブラジリアン柔術黒帯&元修斗世界ウェルター級王者、PRIDE/DREAM/RIZINで活躍した桜井”マッハ”速人の2名のレジェンドの追加参戦が決定した。

“火の玉ボーイ”の異名で、日本の総合格闘技を代表する存在である五味隆典氏と、“野生のカリスマ”の異名を持ち、圧倒的な支持を得る桜井マッハが発掘する原石とはどのような人物なのか!?


『格闘代理戦争2ndシーズン』は「総合格闘技(=MMA)」を舞台に、格闘技界のレジェンドたちが続々参加し、新たな代理戦争を巻き起こしていきます。優勝した選手には、「AbemaTV」から賞金300万円、そしてアジア最強の格闘技団体「ONE Championship」と最高1,000万円のプロ契約が保障され、いきなりの海外デビューで格闘家として最高のスタートが用意されている。

続々と決まるレジェンド&超大物ファイターたちによる熱い戦いをお見逃しなく。


『格闘代理戦争2ndシーズン』は4月29日(日)夜11時から放送開始


続きを見る