「残り少ない競技人生、挑戦してみたい」日本が誇る“足関の鬼”今成正和が決意を語る

4月20日にフィリピン・マニラで開催されるONE Championship『HEROES OF HONOR』に“足関の鬼”こと今成正和が参戦、密着取材を敢行した。


昨年DEEPフェザー級王座を返上した今成は、今年1月「ONE Championship」に参戦するも敗北。来る4月20日は再起戦となるが、キャリア晩年での挑戦について「残り少ない競技人生というか、(DEEPの)チャンピオンも獲れたし、もうちょっと“そこ”じゃないところで挑戦してみたい気になった」と明かす。


今成は「前戦負けてコケたので、ベルトなんて言える状態じゃないですけど」と謙虚なもの言いながらも、「ちょっとずつ勝って、そこにいけたらいいなとは思ってます」と、最終目標は高いところに置いているようだ。


理想のフィニッシュについて聞かれると「“極め”で勝ちたいです。まぁ極めます」と、関節技でのフィニッシュを宣言。調子の波はあるとしながらも「今はまあまあです。(今は)取れる」と自信をのぞかせる。


“足関”十段と言われる今成だが「自分の武器、それしかないですからね。割と自然に出ている動きですね」と語り、「体が(自然に)動くという感じ?」という問にも「そうですね」と淡々と答えた。

続きを見る