小澤海斗、「眼中ない」「バカは気持ち良くない」 芦澤竜誠の挑発をバッサリ

18日に『K-1 WEDNESDAY CHANNEL』(YouTube)が生放送された。


ゲストの小澤海斗は6月17日『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第2代フェザー級王座決定トーナメント~』への出場が決定しており、1回戦ではジョージ・バレラと対戦する。


試合に向けて小澤は、「俺が獲んないと始まらないトーナメントですし、周りの期待もスゴく感じるんで、獲ってやろうかなと思います」と、ベルト獲得への意気込みを語る。


ここで話題は、同大会の記者会見における芦澤竜誠の“挑発”の件に。芦澤は会見中、小澤に向けて「ザコ」「バーカ」などと挑発したが、小澤はこれを取り合わず無視を決め込んでいた。


司会の中村拓己に当時の心境を聞かれると、さすがに「『バーカ』って言われるのは気持ちよくないですね。Mじゃないんで」とイラつきを露わにしながらも、「眼中にないんでアイツは」と切り捨てた小澤。再び芦澤の印象を聞かれても「なんだろ……なんもないわ」と取り付くシマもない様子だった。


しかし小澤は「2年前は俺が武尊にケンカ売ってたんで、やっと武尊の気持ちが分かった」と過去の自身の言動を振り返って苦笑いしつつ、「言われる方がストレス溜まるなあ。ハゲないといいっすけどね」と冗談を飛ばす余裕を見せた。


選手として成長し、挑発を“する立場”から“される立場”になった小澤は、「まだ結果出してないんで、これからベルト獲って堂々と主役って宣言したい」と目標を掲げた。

続きを見る