青木真也、山本“KID”徳郁、秋山成勲らに不快感あらわ「一緒にすんなよ」

4月29日から放送スタートとなる『格闘代理戦争』(AbemaTV)2ndシーズンの放送に先駆け、参戦を表明した青木真也が取材に応えた。


一時代を築いてきた“レジェンドファイター”たちが、次世代を担う若手格闘家を推薦し対決する『格闘代理戦争』。初参戦となる青木は、意気込みを聞かれると「しっかり勝つと思いますよ、今回は」と明言し、「自信はある、やるのは俺じゃないけどね」と勝利を確信している様子だ。


そんな青木は参戦理由を聞かれると「やっぱりこう、みんなでワチャワチャやるの楽しいじゃないですか」と語り、「“みんなと仲良くしたい人”だからね、俺は」と意味深な笑みを見せる。


現在、推薦人として山本“KID”徳郁、秋山成勲、桜井“マッハ”速人、五味隆典といった歴々が名を連ねているが、彼らと自分の名前が並んでいることについて、青木は「一緒にすんなよって気持ちはありますけどね」と不快感を露にする。


スタッフが「みなさん一流の選手」とフォローするも、青木は「実績・戦績あると思いますけど、やってきた気持ち・情熱で言えば負けない自信がある。“群”を抜いている自信がある」と歴戦の猛者たちを一蹴していた。

続きを見る