「怖くない」「腕の骨が折れるかも」ゴンナパー、王者・佐々木を挑発

4月22日に後楽園ホールで行われる「Krush.87」で、-63kgチャンピオン佐々木大蔵と“最強の挑戦者”ゴンナパー・ウィラサクレックが対戦。『ONE DAY』(AbemaTV)では闘いを控える2人に密着取材を敢行した。


スタッフがジムに赴くと、格闘家とは思えない柔和な表情で「サワディーカップ(こんにちわ)」と挨拶するゴンナパー。タイトル戦について「このような機会を頂けて嬉しいです。全力で頑張ろうと思います」と感謝を述べる。


次の試合の位置づけを「K-1に続くためのワンステップ」と重要視しているゴンナパーは、「相手からダウンをとれるように、KOできるように」と神に祈りを捧げていた。


謙虚で信心深い面を見せたゴンナパー。しかし、佐々木については「強い選手の1人だと思う」と評しながら、定評のあるパンチについても「怖くない」と言い切り、「自分の考えでは、10段階で半分の5にも満たない実力ではないかと思っています」と厳しい評価を下した。


また、ゴンナパーは「佐々木選手と同じジムの山崎(秀晃)選手は僕のキックで脚を痛めて、卜部功也選手はアゴの骨を折ってやったので、佐々木選手は腕を攻撃して闘えないようにしてやろうかと思ってます」と、もう1つの不敵な“目標”を掲げると、「運が悪かったら腕の骨が折れるかもしれませんね」と“圧倒的な勝利”を狙っているようだ。

続きを見る