「壊してやる」「見ておけよ」佐々木大蔵、強敵・ゴンナパーとの対戦に強気発言

4月22日に後楽園ホールで行われる「Krush.87」で、-63kgチャンピオン佐々木大蔵と“最強の挑戦者”ゴンナパー・ウィラサクレックが対戦。『ONE DAY』(AbemaTV)では闘いを控える2人に密着取材を敢行した。


ゴンナパーについて、佐々木は「本当にゴンナパー選手は誰が見ても強いし、今回チャンピオン危ないんじゃないか? って言われてる」と周囲の声を気にしつつも「そういう声も聞いて『見ておけよ』っていう思いもある」と強気な姿勢を見せる。


かつてゴンナパーと山崎秀晃が対戦した際には、山崎のセコンドについていた佐々木。ゴンナパーによって山崎が脚のじん帯を破壊されるシーンを目の当たりにしているが、「怖さもありますけど、逆に僕が(ゴンナパー選手を)壊してやろうっていう気持ちもありますね」と闘志を燃やしていた。


そんなはゴンナパーの印象について「強っ! って思った」と正直に語りつつも、「ゴンナパーが最強だて言って、『今度はチャンピオン危ない』とか騒がれているけど、『ゴンナパー選手の何を知ってんの?』って感じです」と、実力をその目に焼き付けつつも、ひるむ様子は見せなかった佐々木。


「強敵のゴンナパー選手にも負けない気持ちはありますね」、戦闘準備は十分に整っている。

続きを見る