700グラム体重超過は「精神的にはきた」 卜部功也、ウェイ・ルイ戦について本音吐露

25日に『K-1 WEDNESDAY CHANNEL』(YouTube)が生放送された。


ゲストの卜部功也は3月21日の『K'FESTA.1』のK-1 WORLD GPライト級タイトルマッチでウェイ・ルイと対戦し、左ストレートの一撃で鮮やかなKO勝利を決めている。


試合のVTRを見ながら振り返っていると、KO勝利を決めた瞬間も映し出された。しかし卜部は、ロープに駆け上がって雄たけびをあげる自分を見て「これ恥ずかしいんですよ、なんでこんなことしちゃったんだろ」と苦笑する。


プロデビューして2~3年は負けなしだったものの、その後は全勝した年がないと告白する卜部。今回ウェイ・ルイが体重オーバーした件については「精神的にはきたかなってのはありましたね」と、プレッシャーを感じていたという。


「700グラム重い状態なので、やっぱり怖いですよ」と語る卜部は、ボクシングの山中慎介とルイス・ネリとの戦いを引き合いに出す。「体重オーバーでガラっ変わっちゃうので、試合展開が」と、体重差を承知で戦うことの危険性を吐露した。


普段は冷静な卜部が試合後に感情を爆発させたのは、負けのジンクスや体重差のある相手との対戦という精神的負荷だったようだ。

続きを見る