木刀を振り回す!山本“KID”徳郁、戦慄の“フルボッコ”トライアウト実施

4月29日(日)よりスタートする『格闘代理戦争 2ndシーズン』(AbemaTV)は、レジェンドたちの推薦選手とともに日本から世界へ、K-1からMMA(総合格闘技)へと新たな歩みを進める。山本“KID”徳郁、青木真也、秋山成勲、桜井"マッハ"速人、五味隆典というMMAのスーパースターたちが原石を発掘、最終目標はアジア最大の格闘プロモーション「ONE Championship」のリングだ。


オンエアを前に山本“KID”徳郁はトライアウトを決行。しかも初日からKID不在という不穏すぎる展開に。しかしKID率いる「KRAZY BEE」の朴光哲と矢地祐介というトップファイターが「ジムの雰囲気に合う選手」という実にKIDらしい選定ルールを携え体力測定を行う。このトライアルが単なるフィジカルの高さを測るものでないことは、実戦さながらのスパーリングからも垣間見える。経験者、未経験者問わず闘志むき出しで戦うファイターたちに、それまで穏やかだった朴と矢地の目も俄然鋭くなる。このフルボッコから彼らがどのように原石を見極めるか注目だ。


続いて、1stシーズンで推薦レジェンドになりそこねた男、桜井“マッハ”速人。前回「逸材がいる」とほのめかしながら当日「怪我で来れない」と出落ちで終わったマッハが「ウチの選手が完治したけど、どうなってるの?」と改めて参戦を表明。しかも前シーズンが終わったことすら理解していないという斬新さだったが、そこはMMA界の「野生のカリスマ」、いよいよマッハ道場から逸材を送り込む。


「絶対優勝します」と宣言した上で青木真也、山本“KID”徳郁、秋山成勲、五味隆典という参戦メンバーの名を挙げても「負けるわけねーじゃん。私その中でも一番先輩ですよ」と自信をみせる。しかもその場で参戦表明、即選手に電話で呼びつけるというまさに「マッハ」な動きをみせるが……


レジェンドたちの推薦選手とともに日本から世界へ、K-1からMMA(総合格闘技)へと新たな歩みを進める「格闘代理戦争2ndシーズン」。次世代をMMA界のレジェンドオールキャストで発掘する壮大な企画に注目だ。

続きを見る