「勝率は1パーセント」那須川天心、挑戦者とガチ勝負宣言

5日『VS那須川天心 -那須川天心挑戦者決定トーナメント-』(AbemaTV)が放送された。


前回の放送で決勝進出を決めた“岡山の神童”平野凌我と、池上颯瑠を1ラウンドKOでマットに沈めた“難波のミスターマッスル”門口佳佑が、天心への挑戦権を掛けて対戦。


天心が見守る中、両選手は3ラウンド休みなくアグレッシブな攻防を繰り広げる。最終的に判定にまでもつれ込む激戦となったが、終盤になって押し気味に試合を進めていた門口が勝者となった。


「最高です!」と気持ちを爆発させた門口は、天心と戦うことへの意気込みを聞かれると「99パー(セント)勝てる相手じゃないと思うんですけど」と実力差は認めつつも、「どこか1パーセントくらいは勝てるところがあるかなと思う」と闘志を燃やす。


一方、天心は今回のトーナメントを「自分が思ってたよりもレベルが高い」と評価しており、同じ空手出身の門口の多彩な蹴り技にも賛辞を送ったが、「99パーセント負ける」という発言には「そうだとは思うんですけど」とキッパリ。


しかし「(門口の)気持ちが強いんで、自分も頑張って勝ちにいこうと思います」と、門口のハートを受け止め“ガチ勝負”することを宣言した。

続きを見る