那須川天心、「ナメられたくない」海外進出への思いを語る

5日『VS那須川天心 -那須川天心挑戦者決定トーナメント-』(AbemaTV)が放送された。


4月某日、シンガポールにあるアジア最大の格闘技ジム<EVOLVE>で武者修行する天心に密着取材を敢行。ムエタイのレジェンド、オロノー・ウォー・ペットプーン相手にミット打ちするなど、天心は格闘技漬けの毎日を送っていた。


この日も、マーク・ハントや元UFC王者など数多くの世界トップファイターの打撃トレーナーを務めてきたタイ人トレーナー、クルドンから指導を受けた天心。トレーニングに同行しているRISE代表・TARGET会長の伊藤隆氏は、慣れない環境だからこそ「ナメられたくない」という思いから、良い意味での緊張感が生まれるのだと解説した。


トレーニングの合間、息抜きにと街へ繰り出した天心は有名観光地『マーライオン』を訪れて写真を撮り、「ここは私のアナザースカイ」などと、他局の人気番組の名文句を口にしておどけてみせる。


現地の陽気な雰囲気を楽しむ天心に、スタッフが外国で活躍したい願望があるかと質問すると「日本にとどまっていたくない」と答え、「最終的には将来海外で試合して、海外で名前売って、海外の人も日本で試合見たいとか思ってくれれば、勝ちなんじゃないかな」と、将来の展望を語っていた。

続きを見る