那須川天心、「やられて感情を出してムキになる人は、本当に強い人じゃない」

5日『VS那須川天心 -那須川天心挑戦者決定トーナメント-』(AbemaTV)が放送された。


シンガポールにあるアジア最大の格闘技ジム<EVOLVE>で格闘技漬けの毎日を送ってきた天心は、感想を求めると「蹴り技ですよね」と第一印象を語る。


そして「本当のレジェンドファイターがたくさんいるところなんで」「今までタイいっぱい行きましたけど、あんなレベルのタイ人と闘ったことがない」と、貴重な経験を振り返った。


オロノー・ウォー・ペットプーンやサゲッダーオ・ペットパヤタイといった“レジェンド”とのマススパーリングでは、たびたび相手に翻弄されるシーンをあったが、天心は「メッチャ殴られた、メッチャ蹴られたっていうんじゃなくて、“技術的”にやられた」と冷静に分析する。


実際の試合となれば当然、勝つための戦い方を考えて自分のスタイルで挑むとしながらも、天心は今回あえて「向こうの土俵」に飛び込んでおり、相手の専門分野で戦うことに意義があると説明した。


いわゆる“ボコられる”ような状況でも「感情は別に変わらない」という天心は、「やられて感情を出してムキになる人は、本当に強い人じゃない」「悔しさっていうよりかは『スゲーな』って思いますね」と、レジェンドファイターたちへ敬意を表した。

続きを見る