グラドル佐山彩香、男色ディーノのケツを顔面で受ける

4日『DDTの木曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送された。代表取締役社長である高木三四郎を筆頭に、男色ディーノらDDTのプロレスラーたちが奇想天外な企画に挑む生放送番組だ。


今回は、グラビアアイドルの佐山彩香がゲストとして登場。「顔面チキンレース! ピッタシ調整バトル」では、ディーノがお尻を突き出した状態で乗った台車を他のレスラーが押し、座っている挑戦者の鼻先何センチにまで近づけるか? という地獄のような競技に挑戦することに。


この競技をやらされることになった佐山は、「マジで!?」と当然ながら拒絶したが、台車を押すスーパー・ササダンゴ・マシンは「忖度しますから!」と宣言し、高木も「コイツを信じてください!」と説得する。


しかしササダンゴが力強く台車を押したため、ディーノのあらわになったお尻はそのまま佐山の顔面に直撃。これには高木が「お前、忖度しろって!」と激怒し、ササダンゴが「すいませんでした!」と土下座するという展開に。


ササダンゴは「避けたり、嫌がったりしないと思わなかったんで。こんなプロだと思いませんでした」と、ガチで勝負に挑んだ佐山に脱帽。佐山を敵対視していた伊藤麻希も「根性ある、プロだった。そういうの好き」と佐山の健闘を素直に認める。


ついには高木までも「これこそプロレスに大事!」と褒めちぎったが、謝罪ではなくレスラーとしての資質に注目するDDTの面々に、佐山は困惑せざるを得なかったようだ。

続きを見る