桜井“マッハ”速人、山本KID陣営に乱入し暴言逆ギレ!

格闘界のレジェンドファイターたちが次世代を担う選手を発掘する、格闘リアリティ『格闘代理戦争 2ndシーズン』(AbemaTV)。今回は“MMA”でしのぎを削り合う。


山本“KID”徳郁は推薦選手を絞り込むためにトライアウトを実施。山本KIDがインフルエンザのため急きょ、KRAZY BEE所属の朴光哲と矢地祐介が選抜を務めることになったが、何故かそこにライバル推薦人の桜井“マッハ”速人が乱入し、選考者席に陣取った。


候補者同士のスパーは、わずかなタップの遅れによる負傷者が現れるほどハードなものだったが、その中でも朴と矢地によって6人の選手が2次審査を通過することに。


やはりマッハの言動に注目が集まったが、「今の段階でダイヤの原石はいない」と斬り捨て、「マッハ道場にゴロゴロいるんで、そこから(推薦選手)選ばせてもらうわ」と言い放った。


これにスタッフが「勝手に来て偉そうなこと言って、おかしいじゃないですか?」「やってることメチャクチャですよ!」と抗議すると、マッハは「だっていねえんだもん、しょうがねえじゃん!」と逆ギレ。場を掻き回したにもかかわらず、朴と矢地には最後まで謝罪することはなかった。

続きを見る