今度は軽量級!桜庭和志「QUINTET」、またも強豪が続々参戦

桜庭和志が立ち上げた格闘技イベント、QUINTETの2回目の大会が6月9日に開催される。「QUINTET FIGHT NIGHT in TOKYO」と題したスピンオフ的イベントで、会場はディファ有明。

(会見には大会をプロデュースする桜庭も出席。三崎はHALEOチームのリーダーとなる)


QUINTETは打撃なし、グラップリングの団体戦トーナメントで、一本勝ちすれば一人の選手が何人も抜いていくことが可能な「抜き試合」形式。4月に両国国技館で行なわれた旗揚げ大会は大いに盛り上がった。


今回はチーム体重(選手5人の合計体重)を360kg、平均72kgに抑えての「軽量級チーム日本一決定戦」。その出場チームが、5月10日の記者会見で発表された。


[TEAM HALEO]

ホベルト・サトシ・ソウザ/小見川道大/金原正徳/宮田和幸

※+1名


[TEAM CARPE DIEM]

杉江“アマゾン”大輔/岩崎正寛/世羅智茂/松本義彦/デヴィット・ガルモ


[TEAM TOKORO PLUS α]

所英男/矢野卓見/今成正和/小谷直之/伊藤盛一郎


[TEAM U-ZUKIDO]

中村大介/井上学/ビクター・ヘンリー

※+2名


HALEOチームのホベルト・サトシは他チームからも「別格」と言われるほどの強豪柔術家。世界トップクラスで活躍している。またチームのリーダーは三崎和雄が務めることに。柔術道場CARPE DIEM(カルペディエム)が結成したチームは全員が黒帯柔術家で、いわばスペシャリスト集団だ。ポイントを取るのではなく“極め”が強いことを重視してメンバーが選考されたと石川祐樹代表。


中村大介は、自身が強いこだわりを持つプロレスリング、キャッチ・アズ・キャッチ・キャンの流れをくむ選手たちでメンバーを構成したいという。井上はスネークピットジャパン所属、ヘンリーはジョシュ・バーネットのチームの選手だ。


ただ、プロレスラーとなると重量級が大半のため、メンバー選考にも苦労している模様。そこで中村は会見中、桜庭にチーム加入を要請した。しかし「いやいや、いま体重100kgあるんでオーバーしちゃうから」、「田村(潔司)さんに頼めばいいじゃん」とやる気なさげな桜庭。他メンバーとの体重のバランスしだいでは出場可能なはずだが、果たしてチーム加入はあるのか。

(所は会見でも「ZST4兄弟」Tシャツを着用)


そして第1回大会でも鮮やかな一本勝ちを見せた所英男は、ヤノタク、今成、小谷との「ZST」4兄弟をここで復活。練習仲間でありRIZIN出場経験もある伊藤を加え、所らしいメンバー構成となった。世界的に知られる足関節技の名手・今成の参戦も大きなポイントだ。


所が「自分でチームを作るとなった時に、何も考えずに思い浮かんだ」というくらい思い入れも実力への信頼もあるメンバー。フィニッシュ力最重視のZSTで育った選手たちは、QUINTETのコンセプトにもふさわしい。


実力派、個性派がズラリと並んだ軽量級トーナメントは、早くも格闘技ファンの間で大評判となっている。今回も“膠着知らず”のアグレッシブな極め合いが展開されそうだ。

続きを見る