“生ける伝説”カシアス内藤、打倒・那須川天心へ 特別練習を課す!

12日『VS那須川天心 -那須川天心挑戦者決定トーナメント-』(AbemaTV)が放送された。


トーナメントを勝ち抜き、天心への挑戦権を得た“難波のミスターマッスル”門口佳佑は、出稽古のため大阪を離れ、横浜にある<E&Jカシアスボクシングジム>の門を叩く。


そこにいたのは元・東洋ミドル級チャンピオン、元・世界ミドル級1位の“生ける伝説”カシアス内藤で、空手道を歩みボクシングは素人だという門口に、体重移動やジャブの打ち方を手ほどきした。


さらにはカシアスの息子で、第45代日本スーパーフェザー級王者、第40代OPBF東洋太平洋スーパーライト級王者の律樹とのスパーリングで胸を借りた門口。スパーを終えると、律樹は「いいセンスしてますよ、格闘センスは」と門口を評価し「技っていうよりも、あとはこっち(ハート)次第」とエールを送った。


カシアスも「根性ありそうじゃん」と笑顔で、「自分がやられて当然で、恥ずかしいことなんかないんだから、思いっきりぶつかっていくことだよね」と、“格上”である天心との戦いに挑む門口にアドバイスを送った。

続きを見る