山本”KID”徳郁、一番大切なのは「格闘技に人生を賭けられるか」

格闘界のレジェンドファイターたちが次世代を担う選手を発掘する格闘リアリティ『格闘代理戦争 2ndシーズン』、今回は“MMA”ジャンルでしのぎを削り合う。


山本”KID”徳郁は金の卵を探すべく、トライアウトを開催。当日はインフルエンザのため本人不在という非常事態だったが、KID率いる<KRAZY BEE>の朴光哲と矢地祐介が選抜を担当。2次審査のスパーリングを通過して残った6名が、日を改めてついにKIDと対面した。


KIDが「一番大切なのは、格闘技に人生賭けられる思いがあるか」と選考基準を明かすと、現場は張りつめた空気に。自己紹介ではそれぞれが思いの丈をぶつけ、熱い言葉を聞いたKIDは「全員欲しいくらいです」と満足気だった。


その後、サーキットトレーニングやスパーを実施し、技術に加えて精神面をチェックしたKID。中でも少林寺大阪大会優勝の経歴を持つ辻本拳也については、「前にガンガン出ていく、そこが見たかった」と気持ちの強さを評価した。

続きを見る