那須川天心、『RIZIN.10』中村優作戦を振り返る

19日『VS那須川天心 -那須川天心挑戦者決定トーナメント-』(AbemaTV)が放送された。


6日にマリンメッセ福岡にて開催された『RIZIN.10』で中村優作と対戦した天心。キックボクシングルールで行われた試合は、天心が3度のダウンを中村から奪い、2ラウンドTKO勝利した。


今回、父親の弘幸氏は天心が所属する<TEPPEN GYM>の選手が同日にタイトルマッチだったため、セコンドにはつかなかった。これはプロデビュー以降はじめてのこととなる。


天心が電話で勝利を報告すると、テレビで試合を観ていたという弘幸氏は「今日のところはいいでしょう」と、意味深な感想を述べたという。改めて“ダメ出し”があるのだろうと天心は苦笑いして、「(弘幸氏不在で)ちょっと不安でしたね」と本音を漏らした。


「スリリングな試合だった」と振り返る天心は試合中、中村がタックル気味に何度か組み付いた場面があったが、「必死に勝ちに来てるスタイルだと思ったんで、それは仕方ないことなのかな。もし自分が逆の立場だったら組み付いてでも勝ちにいこうと思うので」と、反則スレスレな行為も意に介していない様子だった。

続きを見る