“韓国の最強刺客”秋山成勲、不敵な笑み 「全て揃っている」推薦ファイター登場

格闘界のレジェンドファイターたちが次世代を担う選手を発掘する格闘リアリティ『格闘代理戦争2ndシーズン』(AbemaTV)、今回は“MMA”ジャンルでしのぎを削り合う。


現在UFCファイターとして世界で戦う秋山成勲は、自身が推薦するファイターを母国・韓国の釜山にある<TEAM MAD>から選びたいと予告しており、某日突如スタッフを呼びつけた。


待ちかねていたスタッフは「秋山さんは誰を選ぶんですか?」と質問をぶつけると、秋山は「もう呼んでますから」と不敵な笑みを浮かべて別室に案内する。


そこにいたのは2017年釜山ボクシング大会優勝の実績を持ち、韓国<TEAM MAD>を代表する若きエース、ユン・チャンミンだった。


秋山は「実力もそうですけども、すべてを考えて。体、顔、ファイティングスタイル、僕が一番推したいのは彼です」と太鼓判を押して、「彼とともに勝利をつかみに行きたいと思います」と力強く宣言。


秋山をファイターとして尊敬しているというユンは、「とても憧れの人だったのですごく光栄です」と喜びをあらわにし、「緊張しますが、選ばれたからにはとにかく頑張りたいです」と意気込みを語った。

続きを見る